第一ゼミナール
トップ

ゲームを目の敵にする必要はない!?|ちょっと聞いてほしい教育サイト kikimimi

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求

  • 第一ゼミの特長
  • 小学部(中学受験)
  • 中学部(高校受験)
  • 高等部(大学受験)
  • 個別指導
  • 各校一覧
  • 受験情報
  • 合格実績・体験記
  • 初めての塾選び

カテゴリを選ぶ

ゲームを目の敵にする必要はない!?

小学生の学び

ゲーム

子どもの教育を考えるときに何かと目の敵にされるのがゲームという存在。たしかに、子どもたちの多くはゲームに目がなく、好きな子は何時間もやり続けています。その姿を見て、保護者の方が心配になるのは当然のこと。

 

実際、ゲームのやり過ぎが勉強に悪影響を及ぼすのは事実です。その実態を教育経済学者の中室牧子教授が解き明かしてくれています。

 

1日が24時間しかないことは、誰であろうと同じ。そのなかで、ゲームをする時間だけを増やしていけば、他のことをする時間がなくなっていきます。当然ながら、勉強する時間も減ります。

 

しかし、悪影響はその程度のもの。ゲームをすると暴力的になるといったことはありません。ゲームと現実を混同するほど、子どもたちは愚かではないのです。

 

1日1時間までなら問題なし

では、1日どれくらいまでなら「やり過ぎ」にならないのか? その目安も中室教授は著書『学力の経済学』の中で提示してくれています。その目安は1時間。1日1時間くらいは自由にさせてあげて大丈夫なのです。

 

「毎日1時間もやらせていて大丈夫なの?」と心配になる気持ちはよくわかります。しかし、ゲームに大幅な制限をかけたところで、学習時間が増えるかというと、そうはならないこともわかっています。

 

ゲームをやめさせたところで学習時間はあまり増えない

中室教授によると、1時間テレビやゲームをやめさせたところで、男子については最大1.86分、女子については最大2.70分しか学習時間が増加しないとのこと。指摘されてみれば当然で、自分が子どもであれば、ゲーム以外の遊びをするだけの話ですよね。

 

ゲームの前にいないからといって、成績向上には何の影響もないのです。むしろ、いらない禁止事項が増えるだけで、親子の間に無用な歪(ゆが)みを生み出しかねません。明らかにこちらの方がリスクです。

 

いっしょにゲームを楽しんでみてください

せっかくなら、1時間のゲームの時間をいっしょに楽しんでみてください。今は親子でいっしょにできるゲームが、次から次へとたくさん出てきています。親子の間で共通の話題になれば、会話もしやすくなります。

 

上達は、お子さんの方が早いことが多いかもしれません。その場合よい機会だと思って、ぜひともお子さんに教えてもらってください。子どもから親に「教える」経験は貴重です。最初はうれしい気持ちにもなるでしょう。

 

また、自分ができるようになったことを人に伝えるには、頭を使います。相手の理解度をまず考えるからです。なかなか伝わらずにイライラすることもあるかもしれません。しかし、そういった経験を経ることで、教え上手になることもあるでしょう。

 

ただの遊びのはずが、将来のコミュニケーション能力を育む機会にもなります。ゲームだからと毛嫌いせずに、いっしょに楽しんでみてください。

  • 0
  •  

生徒第一…だから第一ゼミナール公式サイトトップ

生徒第一…だから第一ゼミナール公式サイトトップ

お問い合わせ・資料請求
お電話でお問い合わせ
運営会社についてプライバシーポリシー
(c)Withus Corp.