今、速読が話題です。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


現在位置

ホーム > 教育コラム > 教育情報コラム > 今、速読が話題です

今、速読が話題です

最近話題の「速読」、でも速読って何?

速読は、斜め読みや飛ばし読みではなく特殊技能でもない

一般的に速読は“斜め読み”や“飛ばし読み”のようなテクニックや、はたまた“ある種の人間しか習得できない特殊技能”だと思われていますが、これは誤解です。
速読とは“速く読む”ではなく“速く読めている状態”を指し、速読トレーニングで読書速度が速くなったとしても、文章を読んでいる本人に“速く読んでいる意識は無く”他の人と同じように普通に読む、つまり自分の理解できるスピードで読んでいます。ただ、速読トレーニングを行った結果、脳が活性化し、文字情報を処理(理解)する能力が鍛えられているため、トレーニングを受けていない人よりも何倍ものスピードで読めるようになるということです。

脳が活性化することで「頭の回転が速くなる」

速読トレーニングは、大きく二つに分かれます。

  • 視覚(目の動き・視野の広さ)を鍛える

    目の筋肉(眼筋)を鍛え、可視範囲を広げる

  • 脳の処理能力を鍛える

    超高速(読めない速度)で文字を見て、脳の活性化を促す

その結果、広い視野、理解力、判断力、検索力、集中力など脳が活性化することで、様々な能力が鍛えられることになるのです。

メディアでも多く取り上げられています

  • 2009.10.25放送 日本テレビ「所さんの目がテン!」

    速読受講生と一般の方で、文章読み方がどのように違うのかを実験・検証。 速読受講生は3倍以上の速さで文章を読み、内容も理解されていました!速読受講生は文章をかたまりで読む力(視野の広さ)、情報の検索力が優れていることも紹介されました。

  • 2010.1.20放送 NHK教育テレビ「シャキーン!」

    速読の先生が30秒で、どれぐらいの文章が読めるか実験。しっかり内容を理解し6ページ読むことができました。

  • 2010.3.18放送 フジテレビ「とくダネ!」

    学習塾(関東圏)での速読トレーニングの紹介。「60分の入試問題を30分で解き終わり、見直しを7回できた」受講生の声や 「国語の偏差値が平均で+10p上がった」という紹介がありました。

第一ゼミナールで速読・速解力コースを開講しています

第一ゼミナールでは、速読トレーニング導入から12年目の経歴と関西圏で導入実績No.1を誇ります。

右脳速読・速解力コースについて詳しくはこちら

ページトップ

資料請求・お問い合わせ