社会で活躍するには「プラス思考」がたいせつ - 「アララ!」 -。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


現在位置

ホーム > 教育コラム > 子育てコラム > 社会で活躍するには「プラス思考」がたいせつ - 「アララ!」 -

社会で活躍するには「プラス思考」がたいせつ - 「アララ!」 -

「目標は志望校合格、目的は社会で活躍できる人づくり」というのは、第一ゼミナールの開設当初からの生徒に対する想いです。
しかし実際問題として、私たちも受験生と共に、どうしたら彼らの学力アップを図れるか、何かすこしでも効果的な勉強方法はないものかと真剣に考え、毎日を送っていると、どうしても当面の志望校合格という目標だけに、目が向いてしまいがちなのです。
保護者の方が高い授業料を支払って通塾させられるのは、言うまでもなく、わが子の「成績向上と志望校合格」が第一の目的です。
ですから、塾としてそれに答えるための指導が最優先の責務であることは当然です。

私たちの塾がめざす受験指導や教育は、「夢中で志望校合格をめざしながらも、多段階式ロケットのように同時に次のロケットの着火、すなわち合格後も新しいエネルギーが沸く」ような視点がなくてはならないと考えています。
やがて、自分でエンジンと燃料を用意し、何段階ものロケットを自分のめざす方向にどんどん飛ばせるような人になってもらいたい。なぜなら、そういう人が要求されるような社会に大きく変化しつつあるからです。
そのために、日常指導では“本質を考える”ことを重んじ、「気づき・能動・自立」の教育指針にもとづいて、教員による意欲喚起のための「訓話指導」、いつも生徒を元気にする“称賛の教育”、「なりたい自分像」を明確にし、そのための道すじを自分で考える「セルフコーチノート」などを活用しています。

セルフコーチノート

さて、「社会で活躍できる人」として、もっとも望ましい状態とは何でしょうか。
たとえばセルフコーチノートには、将来の自分の仕事に関してこう記されています。

  • 自分に合ったやりがいのある仕事!
  • 自分の能力が発揮できる仕事!
  • 人や社会に役立つ仕事!

この三つがそろっていれば最高!早くから準備すれば充分可能です。
そうなのです。早くから自分で意識し、準備を始めれば、どんな仕事だってできないことはありません。これに関しては、どんなに早くても、早すぎるということはない。“子どもの夢”というのは、そういう意味でもたいせつなことなのです。
「小さいころから水泳が好きで、続けているうちに気がついたら金メダルが取れた」なんてことは、やっぱりあり得ません。どの分野でも、トップクラスになるためにはできるだけ早く「こうなりたい」という夢を持ち、それを時間軸に落とし込んだ目標を決め、準備することが欠かせません。
もし早くから自分のやりたい仕事が見つかれば、そのために一番ふさわしい高校や大学を志望校とすることができるでしょう。
それこそが志望校選びの本道であり、あるべき正しい姿なのだと思います。

では「社会で活躍できる人づくり」のために、具体的にどうすべきなのでしょうか。
人が社会で活躍するには、知識や教養、あるいは技術、能力、そして仕事に向いた性格、周囲の人との良好な関係とか、いろいろ必要な要素があるでしょう。
そういう要素ももちろんたいせつですが、それ以上にたいせつなことは、どんなときでもものごとを前向きに捉え、一見つらそうなこともおもしろくなさそうなことも、楽しんでやっていけるような、「プラス思考」の視点が不可欠であると考えます。

さて、社会で活躍できるプラス思考の人間を育てるために、では具体的にいったいどうしたらいいのか。
いろいろな考え方や方法があると思いますが、私はまず、受験生とそのご家族のみなさんに「志望校合格が最終目的ではなく、社会で活躍できる人になることが最終目的」、そういう視点を共有化していただきたいのです。
志望校合格というホップの跳躍に向かって、着実に勉強していれば、あせる必要などまったくないのです。
その上で、「社会で活躍できるプラス思考型の人間へ」という最終目的を意識し、その意識をいつも持続させること。
それができていれば目先の成績や結果に必要以上に落胆したり、有頂天になりすぎるということもなく、「いつでもベストを尽くす」という気持ちを持ち続けることができるでしょう。

プラス思考に育てる子育て法「アララ!」のご案内

少し変えるだけで「アララ」と驚くほど変わる子育て法 アララ!

著者プロフィール

堀川 一晃 (ほりかわ かずあき)

26歳で市会議員に当選。文教委員として小中学校を数多くまわり、教育の実態を知る。その経験を活かして、本当に子どもたちの将来のためになる教育機関を創りたいという思いから、進学塾を開校。
現在、第一ゼミナール代表を務める。高い合格実績を維持しつつ、合格後も燃えつきることなく、何事にも積極的に取り組むことのできる「社会で活躍できる人づくり」をめざす。

プラス思考に育てる子育て法「アララ!」を読まれた皆様のご感想

F.Eさん

ポジティブな子どもに育てる参考になりました。プラス思考を身につけたため、幸せな生活を送っています。目標を持って少しずつ努力して続けていくことの大切さを身にしみて感じています。

プラス思考に育てる子育て法「アララ!」のお申し込み

書籍ご希望の方は以下よりお申し込みください。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

ページトップ

資料請求・お問い合わせ