第5回 「1/90」の夏。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


現在位置

ホーム > 教育コラム > 子育てコラム > 第5回 「1/90」の夏

第5回 「1/90」の夏

「1/90」の夏

 夏の足音が近づく頃となりました。記憶もおぼろげになりつつある自身の子ども時代を振り返ってみると、夏休みの終了の鐘を聞く直前の8月31日に、徹夜で宿題を片付けている自分がいつもいました。“末は博士か大臣か(古い表現ですね)”という親の淡い期待を見事に裏切りつつ、「来年こそ、夏休みが始まったらすぐに宿題をやり終えておこう」という私の石のように固い決心はどこへやら、夏の終わりのほんの一瞬しか集中できない自分を幾度恨めしく思ったことか。あのときの私の決心は軽石だったのかと今更ながらに思う次第で、“石のような意志”を持つことの難しさを、幼くして悟ってしまっていたようです。  そのような自身の反省のもと、子ども達に目を向けたとき、人生90年とすれば、この夏は正に『90分の1の夏』ではないでしょうか。一度限りの『90分の1の夏』の充実を願うのは私たちだけではないでしょうし、目標や希望に満ちた毎日を過ごしてほしいというのも、全ての親御さんの想いでありましょう。学習に限らず、目標を持つことは子ども達を大きく成長させます。また「目標を持たず夏を過ごす自分」と「目標を持って夏を過ごす自分」のどっちの自分が好きになれるか。夏だからこそ持つことのできる目標を、夏だからこそ達成できる目標を、お子さんとともに考えていただければ幸いです。  ところで、私の夏はあと○○回ほど。子ども達以上に充実した夏を過ごしたいと思います。

もっともっと「自分を好きになる」ためのセルフコーチプログラム

小4〜中3生を対象に、どんな自分が「もっと好きになれるのか」を学習面と生活面の両面から考え、「好きな自分」になるために目標を立てて実行していきます。また、教員が定期的に面談を実施するなど、きめ細かくサポートします。

詳細を見る

自己成長力が加速する7つのメソッド「プラスサイクル思考法」

無理せず自分を「プラス思考」に変えられる秘訣が満載!!

自分とは? 生まれてから今日まで、そしてこれから先も。
友人や家族との別離はあっても、一生付き合っていく相手が自分。 自分は一番身近で大切な存在。けれども自分中心に物事を考えすぎると、結果的に悩んだりするのも自分。 だから、自分も周りの人ももっともっと好きになると、これからの人生がグンと楽しくなります。


主な章立て

  • 人間に備わっている素晴らしい機能を知る
  • 世の中に失敗はない
  • 自分も人も長所側から見る
  • 変われる人になるための「プラス思考」の極意
  • 「他者貢献」なき「自己実現」はない
  • 脳に振り回されない、脳をリードする生き方
  • 自分を好きになるとこんなに変わる!

書籍のお申し込み

「プラスサイクル思考法」に興味を持たれた方は下記資料請求ボタンよりお申し込みください。
当選の発表は書籍の発送をもって代えさせていただきます。


お問い合わせ・お申し込みはこちら

ページトップ

資料請求・お問い合わせ