大阪府立北野高校。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


現在位置

ホーム > 教育コラム > 学校案内コラム > 大阪府立北野高校

大阪府立北野高校

第一ゼミの特長

大阪府立北野高校の学校案内

● 大阪府立北野高校
● 〒532-0025  大阪市淀川区新北野2丁目5番13号
● TEL:06-6303-5661  FAX:06-6303-3493
http://www.osaka-c.ed.jp/kitano/
※行事予定(参観可能)
体育大会…10月20日(土)
文化芸術祭…舞台部門 2月15日(金) 展示部門 2月6日(水)〜14日(木)

生徒と親の進路希望を叶える

 大阪府立北野高校は、明治6年に設立された「欧学校」の流れを汲む学校で、すでに130余年の歴史を持つ。
 その伝統に培われた実績とアカデミックな校風から、生徒、保護者、地域の期待が大きいのはいうまでもない。それに応えるべく、希望大学に入学することを目的とするのはもちろんのこと、将来にわたって「豊かな人生」が過ごせるよう、「知・徳・体」のバランスの取れた生徒の育成を心がけている。

授業第一主義

 ほぼ全生徒が超難関国立大学、私立大学への進学を目標とする同校では、「授業第一主義」のもと、日々の指導を行う。 
 授業は、2学期制週5日、1日5時限65分で展開される。しかも、時間を長くしても指導量が同じであっては意味がないと、教科にもよるが、50分授業時の1・3倍の内容を指導するよう努めている。その結果、質量ともに50分6時限で授業を行う学校に比べ、1ヶ月で50分授業10時限分の授業時間を多く確保できているのだ。

土曜日や放課後を有効活用

 授業のない土曜日を有効に活用して欲しいと、全教職員の協力のもと、英語、数学、国語、理科、社会などの60分3コマの『土曜講座』を開講している。
 自主選択ではあるが、土曜日の午前中は部活動の自粛を呼びかけていることもあってか、1、2年生では学年の9割ほどが『土曜講座』に参加。午後からのクラブ活動前の貴重な学習時間となっているようだ。
 また、定時制があるため、午後5時半が生徒たちの下校時間になっているが、クラブ活動後に予習、復習をする場を生徒に与えることができればと、教職員の有志が当番制で、月、水、金曜日の放課後、午後8時ごろまで図書館を自習室として開放している。
  『土曜講座』と図書館開放。どちらも、生徒たちが学習とクラブ活動を両立させるためには欠かせない学びの場となっているようだ。

スーパーサイエンス(SS)コースで理数分野の能力育成

 平成14年度、文部科学省からスーパーサイエンスハイスクールに指定されたのを受け、様々な特徴ある取り組みにより、将来理数系分野で活躍する人材の育成に力を入れている。
 研究指定期間が終了した現在も、大阪府教育委員会の認可を得て、従来どおり各学年2クラスの「SSコース」を設置し、学校設定科目として[SS数学][SS理科]の授業を継続。生徒たちの理科、数学に関する興味関心の伸長を図っている。
 なお、同校の場合、公立高校であるため、受検時からの選抜は行われない。合格発表の翌日、希望者を対象に抽選及び作文審査が実施され、2クラス分の約80名が決定する。基本的には、1年次に選ばれれば、卒業まで在籍することになる。

高大連携で生徒を刺激

 生徒たちの知的好奇心を刺激することで、早い時期から進路を考えさせようと、高大連携にも積極的に取り組んでいる。
 そのひとつが大阪大学での「基礎セミナー」で、2年生の希望する生徒が、5時限目終了と同時に大学のキャンパスに行き、興味のあるゼミを受講するというもの。ほかにも、京都大学で講義・実習を受ける「集中セミナー」(SSコース生対象)や、京都大学教授陣による「リレー講演」(全校生対象)、京都大学・大阪大学などの研究室見学・実習(SSコース生対象)などがある。
 このような充実した高大連携も、同校を卒業したOBが全面的にバックアップしてくれるからこそ可能だという。

部活で育む人間性

 運動部22、文化部17、同好会5のうち、生徒の約60%が運動部に、約25%が文化部に属している。
 特に文化部で人気があるのはオーケストラ部と吹奏楽部で、この2つに約140名が在籍するとか。運動部では、山岳部や水泳部、陸上競技部などがインターハイに出場するなど、優秀な成績を収めているようだ。
 「以前は、新入生たちに『5月の中間テストが終わり、勉強のペースがつかめてから入部しなさい』と指導していましたが、最近の生徒は時間の使い方が上手なのか、入学後すぐに入部しても、勉強との両立がきちんとできているようです」と鎌田 俊一 北野高校教頭。生徒たちは、部活動と学習が両立できるよう、限られた時間を上手に使い分けているようだ。

学校行事にも積極的に取り組む生徒たち

 学校行事を通して、得意な分野で活躍できるリーダーシップや人間関係を育んで欲しいと、各種の行事が豊富に用意されている。
 特に盛り上がるのが6月の文化祭「六陵祭」で、文化委員会と生徒自治会が中心になって、文化部の日頃の成果活動や、クラス演技などが披露される。
 10月の「体育大会」は競技会形式で行われ、米俵を担いでリレーする「米騒動」(1年生)を始め、走り幅跳びや長距離走などを学年別クラス対抗で競う。競技の合間には2年生の仮装行列や運動部のエキシビション、運動部の部長による応援披露が繰り広げられ、さらに場は盛り上がるという。
 2月には、舞台部門と展示部門からなる文化芸術祭を開催。舞台部門は、さまざまな分野で活躍しているOBの講演会からはじまり、音楽選択のクラスが行う合唱コンクールを中心に、吹奏楽部・オーケストラ部の演奏などの発表が続く。また、約1週間におよぶ展示部門では、芸術系クラスを選択した生徒の作品や「SSコース」の研究発表、文化部の作品が展示される。

前向きな高校生活を!

 「北野高校は、大学への進学を実現するためだけの高校ではありません。個々の生徒が自分の夢を実現するために必要な知・徳・体にかかわる様々な力を獲得する場だと考えています。まずは、『将来、何をやりたいか』を考え、『北野高校で夢をかなえたい』と思ったならば、ぜひ、頑張って北野にチャレンジしてください。北野は、生徒の自主自律を育み、鍛える学校ですから、厳しいこともあるかもしれませんが目をそらさず、自分の力を信じて前向きに努力してください。そうすれば、必ず良い成果が生まれます。北野高校への入学や、希望大学への進学はゴールではありません。10年後、20年後、そして、一生かかって夢を追い求め、人生を充実させること、それが目標だということをしっかり理解し、ぜひ、わが校で有意義な高校生活を送ってください」と石本 正明 北野高校校長。
 130余年の伝統に憧れるのも大切なことかもしれない。しかし、北野高校で学ぶ将来の自分がそこに見えるかどうか―。それを確かめてからチャレンジするのもひとつの方法であろう。

ページトップ

資料請求・お問い合わせ