第一ゼミナール 和泉中央校 小学4年 阪本 若菜さん。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


現在位置

ホーム > 第一ゼミナールのさまざまな取り組み > 「石垣島自然・文化体験ツアー」に参加して > 第一ゼミナール 和泉中央校 小学4年 阪本 若菜さん

第一ゼミナール 和泉中央校 小学4年 阪本 若菜さん

第一ゼミナール 和泉中央校 小学4年 阪本 若菜さん

私は十七日から二十日まで石垣島自然文化体験ツアーに参加させてもらいました。飛行機から見えた海はまるでプールの様にすきとおってきれいでした。石垣島に着くとすぐインタビューされて、テレビに出ました。私は空の青さにとてもテンションが上がりました。
竹富島に最初に行きました。海まで船で行ってはまべにある砂を手にとってみると星の形をした砂がありました。こんな砂は今まで見た事がなかったので私は、ものすごくこうふんし思わず鼻いきで集めた星の砂を「バフッ」ととばしてしまいました。大阪では見たことがない物ばっかりを見るのですごくワクワクしました。夜は天文台に星を見に行くはずが、雨がふって見られなくなってとてもがっかりしました。私は土星のリングがどうしても見たかったです。 次の朝はエコツアーということでサンゴの話をしながらシュノーケリングをしました。サンゴにはいろいろな種があるということも分かりました。たとえば人間ののうみたいな形はハナガタサンゴというサンゴです。サンゴを大切にしないといけないという話があって私は、自分には何ができるのかとすごく考えさせられました。夜には南の島の星まつりに行って星をみました。ライトダウンして星をみていたら数えきれないきれいな星があってまるで自分にせまってくるようでした。
3日目の朝はマングローブカヌーをしに行きました。二人でボートをこいでのりました。 と中にマングローブにひっかかってそこにカニがついていたのでカヌーにカニがのぼってきてとてもびっくりしました。
その後モニタリングセンターにいきました。そこではサンゴはどうやってくらしているのかを話をしていました。オニヒトデは、サンゴを食べてしまうらしく私はそれを見てなんて悪いオニヒトデなんだろうと私は思いました。オニヒトデの大発生でサンゴを食べつくしてしまったり高水温による白化や人にふまれたりしてサンゴがへってしまっているそうです。サンゴはてんてきがいなければえいえんに生きる生き物です。徳島県では、千年サンゴがあるとテレビでやっていました。本当ならこのようにずっと大きくなっていくはずなのに大きいサンゴが少ないという事はどういう意味なのか私たちは考えていかないといけないと思いました。このツアーに参加して、私は自然を守る大切さをすごく考えるようになりました。いろいろな体験をさせてくれてありがとうございました。


資料請求・お問い合わせ