王寺校 小学5年 康本 和花さん。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


現在位置

ホーム > 第一ゼミナールのさまざまな取り組み > 「石垣島自然・文化体験ツアー」に参加して > 王寺校 小学5年 康本 和花さん

王寺校 小学5年 康本 和花さん

王寺校 小学5年 康本 和花さん

石垣島体験ツアーで特に印象に残ったことは、シュノーケリングです。インストラクターの方が海岸にたくさんある白いかたまりについて説明をして下さいました。それは死んだサンゴだと聞いて、サンゴはやわらかいと思っていたのでとてもおどろきました。海は、大阪の海などとはちがってとてもすき通っていてきれいでした。あざやかな魚やルリスズメダイ、シャコガイを見つけることができて、うれしかったです。泳ぐことが始めはこわかったけど、海はとてもきれいで魚もくっきりと見えたのでとても楽しむことができました。
次に印象に残ったことは、竹富島の観光です。水牛にのってゆっくりと赤いかわらの民家やおこっているような顔やかわいい顔をした色々な表情をしたシーサーを見て一周しました。その後に「なごみのとう」という有形文化財に登録されている展望搭に登りました。登るとき、階段がとても急で足をかけるはばがとてもせまかったので登りにくかったです。石垣島で一番高い所なので赤いかわらで造った家がたくさん見えてきれいだと思いました。民宿にもどるとたくさんの食事の用意をして下さっていました。
その中には八重山そばという石垣のそばもあっておいしかったです。夕食の後に星空ツアーが一日目も二日目も天気が悪くて中止になったので花火をしました。中止になって残念だったけれども手持ちだけではなく打ち上げ花火などたくさんの花火をしてとても楽しかったです。
一日目に行ったやいま村では自然が豊かな所に、たくさんのリスザルが放し飼いされていました。木から木にとびうつったり、私のリュックに乗ってきてかわいかったです。
今までしたことのない体験をたくさんさせていただいたり、案内をしてくれたたくさんの方に感謝しています。このツアーで自然の大切さを知ることになりました。シュノーケリングのとき聞いた死んでしまったサンゴがたくさん広がっているのはかん境が悪くなっているからだと思いました。これ以上きれいな石垣島の自然が悪くなっていくことは悲しいです。そのために身近に出来ることが何か調べていきたいです。
資料請求・お問い合わせ