西村 優莉さん。中学受験の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


 

関西大学中等部
西村 優莉さん

第一ゼミナール東住吉校
大阪市立東田辺小学校卒業

受験勉強のスタート

受験を決めた時期は4年生の時です。その当時、同じ習い事をしていた友達にすすめられ、決めました。その友達のお兄ちゃんや、お姉ちゃんが受験の時に第一に行っていて、「いいよ」と言っていたので行くことにしました。

印象に残る授業

個人的には、国語のふりかえ授業です。その授業で初めて先生と1対1になりました。そこから、私は、成績がぐんぐん上がっていきました。やっぱり、先生との交流は大切だなと思いました。

サマーVゼミ・大晦日集中ゼミについて

5年生の時は、正直、いやだな、つらいなと思っていました。でも、6年生の時は、行く前はやっぱりそういう気持ちでしたが行ってみると、なぜか楽しかったです。入試と同じような状態なので、すごく良い練習だったと思います。

志望校の決定

私の場合、「志望校に行きたいな。だから受験しよう」という感じでした。志望校には私の好きな(やっている)スケート部があり、英語にも力を入れていると聞いて行くことにしました。

この1年間、どのように受験勉強に取り組みましたか?

この1年間はとにかく、今年の入試に出そうなところで自分の苦手なところをしました。入試直前は問題が解かずに自分のまとめノートを見ていました。そうすることで、落ち着いて本番をむかえることができました。

合格を勝ち取ったときの喜びや気持ち

言葉にできないくらい、うれしかったです。でも番号がない子のことを思うと、複雑な気持ちになりました。

自分を支えてくれた人たち(保護者の方や塾の先生)へのメッセージ

とても、感謝しています。本当にありがとうございました。これからも、がんばるので、応えんして下さい。

受験勉強を通して学んだこと、後輩へのメッセージ

一生に一回しか味わえない、この体験を大切にしてほしいです。時には辛いこともあると思うけど、きっとそれをのりこえた先には良いことが待っています。あと、合格判定は気にしなくて良いです。結果が悪くても、がんばろうと思ったらいいです。

ページトップ

資料請求・お問い合わせ