河本 鮎実さん。中学受験の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


 

大阪女学院中学校
河本 鮎実さん

第一ゼミナール鶴見校
大阪市立横堤小学校卒業

受験勉強のスタート

私は6年生の6月に受験しようと決めました。始めるのがおそかったけれど第一ゼミナールは「大丈夫」と受け入れてくれたし、何度か実力テストを受けていて良い塾だったからです。

印象に残る授業

塾で習う内容は学校では習わないことばかりだったので全て印象に残っています。特に算数は中学受験でしかしないことだったので難しかったけれど楽しくやってくれたのが印象に残っています。

サマーVゼミ・大晦日集中ゼミについて

私は個別で勉強していたので大勢で勉強できる良い機会だったと思います。しんどかったけれど楽しかったし、それを乗り切ったから合格できました。そのおかげでたくさんの知識が付きました。

志望校の決定

受験勉強を始めた時に志望校を決めました。理由は家から近く、緑が多く体験授業が多いからやりたいことが見つかると思ったからです。それと生徒の人に良い学校と聞いたからです。

この1年間、どのように受験勉強に取り組みましたか?

算数は中学受験でしかしないことが多いので特に重点的に取りくみました。ラストスパートは始めるのが他に比べておそかった社会をがんばりました。かぜには気をつけ、うがい・手洗い・マスク・部屋の殺菌などを心掛けました。

合格を勝ち取ったときの喜びや気持ち

受験番号があった時はすごく安心しました。そしてそのあとからすごくうれしい気持ちがこみ上げてきました。

自分を支えてくれた人たち(保護者の方や塾の先生)へのメッセージ

母さんはいつも横にいていっしょに勉強を見てくれました。塾の先生もプリントをくれて応援してくれました。今まで本当にありがとうございました。

受験勉強を通して学んだこと、後輩へのメッセージ

受験勉強は大変ですがやったらやった分合格というゴールに近づけます。そして合格した喜びは努力した人だけしかもらえないものなのでみなさんも合格という喜びを努力して勝ち取ってください!!

ページトップ

資料請求・お問い合わせ