松井 雛乃さん。中学受験の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


 

帝塚山学院中学校
関学
松井 雛乃さん

第一ゼミナール小阪校
東大阪市立意岐部東小学校卒業
他合格校:
関西大学北陽中学校、香川誠陵中学校

受験勉強のスタート

第一ゼミナールに通う前の塾は少人数すぎて、受験勉強という感覚ではなかったので、5年生の11月に第一ゼミナールに通塾するようになりました。

印象に残る授業

小6の最後の授業です。先生の話がとてもおもしろくて、楽しい授業でしたのでリラックスできました。

サマーVゼミ・大晦日集中ゼミについて

サマーVゼミと大晦日集ゼミは、会場が第一志望校の帝塚山学院でした。苦手だった理科の計算問題ができるようになり、最後のテストで良い点を取れて嬉しかったです。

志望校の決定

大学が附属というのが条件だったので、体験授業や説明会は、関関同立系の学校ばかりに行っていました。帝塚山学院の関学コースを第一志望にしたのは、学校の雰囲気や通学のしやすさなどです。6年生の夏には決めていました。体験授業でバイオリンがひけたのも理由の一つです。

この1年間、どのように受験勉強に取り組みましたか?

家はテレビなどの誘惑があるので、塾の宿題は塾の自習室でしていました。リトライノートなどを使って間違った問題を何度もやり直しました。母には、字の小ささを指摘されていたので、字を大きくしようとこころがけました。

合格を勝ち取ったときの喜びや気持ち

掲示板の中に自分の番号を見つける前に両親が見つけて大声で叫びながら喜ぶ姿を見て、おどろきました。自分より喜んでくれた両親を見ていると、すごく嬉しかったです。

自分を支えてくれた人たち(保護者の方や塾の先生)へのメッセージ

受験を支えてくれた家族、私を合格させてくれた第一ゼミナールの先生方、本当に、ありがとうございました。そして、一緒に勉強し、はげまし合った友達に、感謝しています。

受験勉強を通して学んだこと、後輩へのメッセージ

自分のペースで一歩ずつでも努力して進んでいけば結果はでると思っています。あきらめない事・自分を信じること「必ず合格してやる」という強い意志を持てば、合格できると思っています。

ページトップ

資料請求・お問い合わせ