元川 智咲子さん。中学受験の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


 

帝塚山学院中学校
関学
元川 智咲子さん

第一ゼミナール三国丘校
松原市立天美西小学校卒業

受験勉強のスタート

4年生のころ。移動する前の堺北校に、お姉ちゃんが通っていたから。

印象に残る授業

赤本指導の期間です。一人ひとりの志望校と実力に合わせて適切なアドバイスをしてくれ、とてもタメになりました。自分の実力がどれだけ足りないかも教えてくれました。

サマーVゼミ・大晦日集中ゼミについて

朝9時ごろから夜7時ごろまでという、とても長い時間の中、3日間勉強をしました。分からない事があったらすぐに聞くようにし、すべて分かって帰るようにしました。最後にはクラスで1番になることができました。

志望校の決定

5年生のころです。学校見学などで、帝塚山学院中学校に行った時、お姉さんたちが、とても優しく接してくれて、この学校に入り、この学校の制服を着て、私も優しく接したいと思ったからです。

この1年間、どのように受験勉強に取り組みましたか?

分からないことは先生に質問し、分かって帰るようにしました。あと、赤本よりも、今までまちがえてきたテストの問題や、テキストの問題の直しを、宿題の次に大切にしていました。

合格を勝ち取ったときの喜びや気持ち

受験番号があった時は、何とも言えないうれしさと、達成感がありました。私は、もうこの学校に入学できるんだと思い、今までがんばってきたことは、むだじゃなかったんだなと思いました。

自分を支えてくれた人たち(保護者の方や塾の先生)へのメッセージ

塾の先生もお母さんもお父さんも、受験が終わるまでずっと見守ってくれていました。見守ってくれていたみんなにはとても感謝しているし、逆に今度は私が結果を出して、良い報告ができるようにしたいです。

受験勉強を通して学んだこと、後輩へのメッセージ

分からないと思ったことは、何度でも先生に質問し、分かって帰ることが大切だと思います。あと、志望校の制服を自分が着ていることを想像し、この学校に行きたいなぁという気持ちを高めてほしいです。

ページトップ

資料請求・お問い合わせ