西口 真矢くん。中学受験の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


 

帝塚山学院泉ヶ丘中学校
特進A
西口 真矢くん

パシード岸和田校
岸和田市立旭小学校卒業

受験勉強のスタート

兄が中学入試で合格していて、自分もそうなりたいと思ったから。兄が入試をしたとき、ぼくが兄の合格を母に伝えたら、母は泣き声になっていた。うれしいのだろうとぼくは感じた。次はぼくがそうさせたいと思ったからです。

印象に残る授業

受験スタートゼミを受けたとき、説明している先生の話についていけずまったくできなかった。そこでくやしく涙がこぼれそうになった。ぼくはこの授業を忘れない。

サマーVゼミ・大晦日集中ゼミについて

大晦日集中ゼミでぼくはまとめテスト1位をとると決めていた。まとめテスト前日は、表彰状をもらっている自分を想像していた。(絶対こうなってっやる)と思った。そして大晦日の表彰式、ぼくの名前が呼ばれた。そこでこう思った。先生の言うことは全部本当だということを。

志望校の決定

ぼくは志望校を決めたのはおそかった。6年の冬期講習前だからだ。

この1年間、どのように受験勉強に取り組みましたか?

国語が苦手なので読解や漢字。また、ケアレスミスに気をつけることや問題をとくときのかかる時間を減らすこと。このなかでぼくが一番てこずったのは問題をとく時間を減らすことです。

合格を勝ち取ったときの喜びや気持ち

ぼくは4年から6年まで、第一ゼミナールパシードに3年間通い続けて勝ち取った合格。すごく苦労したからこそ、その先には喜びであふれていると感じた。

自分を支えてくれた人たち(保護者の方や塾の先生)へのメッセージ

先生は、大切なことは必ず、本当のことをいってくれた。先生たちのおかげでここまでがんばれた。母さんや父さんはぼくが塾に行ったり入試ができるようにしてくれた。もちろん食事も。みなさんありがとう。

受験勉強を通して学んだこと、後輩へのメッセージ

ぼくは第一ゼミナールに通い,学んだこと、思ったことがある。それは『先生は、本当だ』ということ。先生は大切なことを言うときは、必ず本当のことを言う。うそはつかない。だからそれを信じて素直になる。真剣に聞く。それを一度試してみてください。ぼくは真剣に聞いたから合格できたと思います。

ページトップ

資料請求・お問い合わせ