田中 舞葉さん。中学受験の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


 

神戸女学院中学校
田中 舞葉さん

ファロス個別指導学院宝塚駅前教室
私立雲雀丘学園小学校
他合格校:
雲雀丘学園中学校(一貫選抜)

受験勉強のスタート

小学1年生からやっていたZ会を3年生の時に受験に切り替えました。4年生の時に、塾には行かず、神戸女学院に行きたいと思いはじめ、Z会を続けていました。5年生の終わり頃に算数が難しくなったので、ファロスに通い始めました。

志望校の決定

学校見学で行ったときの雰囲気がとてもよく、学園祭でのおためし授業も面白かったから。

この1年間、どのように受験勉強に取り組みましたか?

得意な国語は少し休み、苦手な算数や社会を重点的に取り組みました。生活のリズムをくずしてしまうと、1日中ボーっとしてしまったり、かぜをひいたりしてしまうので、生活のリズムをくずさないように勉強しました。学校も休まずに勉強しました。

合格を勝ち取ったときの喜びや気持ち

合格できるはずないと思っていたので「合格です」の文字が出たときは、とてもびっくりしました。その日はずっと夢を見ているようでした。次の日、合格通知が届き、それを見て、「合格したんだな」とやっと実感がわきました。今もまだ、喜びが残っています。

自分を支えてくれた人たち(保護者の方や塾の先生)へのメッセージ

私が神戸女学院を受けたいと言ったとき、無理とも言わず、受けさせてくれてた母に感謝したいです。ファロスの先生方も理解のおそい私をわかるまでずっと教えてくれてうれしかったです。神戸女学院は医学部に進む人が多く、私はじゅう医になりたいので、次はそれを目指したいと思います。

受験勉強を通して学んだこと、後輩へのメッセージ

受験本番は本当にどうなるか分からないです。やはり1番良いのは神戸女学院に受かる力を持つことですが、私は模試の結果もE・F判定などとうてい受からない成績でした。でも「絶対に神戸女学院に行くんだ!」という思いで志望校を変えなかったから、この合格があったと思います。

ページトップ

資料請求・お問い合わせ