茶木 秀哉くん。中学受験の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


 

智辯学園中学校
茶木 秀哉くん

第一ゼミナール河内長野校
河内長野市立高向小学校卒業

受験勉強のスタート

もともと受験をやると決めていて、塾を探していたら第一ゼミナールが一番よさそうだったから。

印象に残る授業

理科の通常授業の時に、よく分からなかった水溶液のところを先生が実験をして説明してくれたとき。

サマーVゼミ・大晦日集中ゼミについて

一日中勉強ばっかりでたいへんだったけど、理科のよくわからなかった計算のしかたを理解できた。

志望校の決定

もともといとこが通っていた学校だったので、いとこの話を聞いたり、見学したりしてとてもいい学校だと思ったからです。

この1年間、どのように受験勉強に取り組みましたか?

算数や理科などは計算問題を必ずまちがえねいようにして、公式も絶対におぼえるようにしました。国語は、漢字を覚えて、文章問題は文章中にいろいろ印をつけるようにしました。

合格を勝ち取ったときの喜びや気持ち

今までの苦労がむくわれて、これから自分が一番行きたかった学校に行けると思うと、とてもうれしくなり、今まで支えてくれた人たちにとても感謝したくなりました。

自分を支えてくれた人たち(保護者の方や塾の先生)へのメッセージ

今までがんばってこれたのは、支えてくれた人達のおかげなのでとても感謝しています。これから中学校でもがんばって勉強したいと思います。

受験勉強を通して学んだこと、後輩へのメッセージ

受験当日きんちょうしすぎないようにするには、受験会場の雰囲気になれることと、今まで自分がしてきた勉強に自信を持つことだと思います。

ページトップ

資料請求・お問い合わせ