金城 侑伸くん。中学受験の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


 

奈良学園登美ヶ丘中学校
I類
金城 侑伸くん

第一ゼミナール小阪校
東大阪市立荒川小学校卒業
他合格校:
聖心学園中等教育学校(英数I類)、明星中学校(特進)、土佐塾中学校

受験勉強のスタート

地元の中学校の評判があまりよくなかったので、小4の7月ごろに中学受験をしようと思いました。

印象に残る授業

志望校特訓や、ネットライブなどの授業。自分にまだまだ実力が足りていないことが分かり、その後もっともっと頑張ろうと思った。

サマーVゼミ・大晦日集中ゼミについて

周囲にとても学力が高い人たちがいたので、刺激をうけました。何より長時間勉強する「集中力」と、「自信」がつき、終わってからも、それまでより、集中して勉強できるようになった。

志望校の決定

実際に学校に足を運んでみて、先生や、生徒の雰囲気を見て気に入ったところに決めました。決めたのは、小6の夏ぐらいです。

この1年間、どのように受験勉強に取り組みましたか?

前半は授業や模試のリトライを意識して取り組み、後半は赤本に集中して何度も取り組んだ。

合格を勝ち取ったときの喜びや気持ち

「自分がこの学校に通うことができる」ということがうれしくて、早く先生たちにもこのうれしい気持ちを伝えたいと思った。

自分を支えてくれた人たち(保護者の方や塾の先生)へのメッセージ

これまでたくさんのことでお世話になりました。僕は、受験勉強の中でつらいこともあったけれども、家族や先生方にはげましてもらえたから、最後まで頑張ることができました。ありがとうございました。

受験勉強を通して学んだこと、後輩へのメッセージ

僕が受験勉強を通じて学んだことは、時間の大切さです。僕は、時間管理が苦手だったので、赤本をしていてもいても、最後までできないということがありました。ですが、練習を重ねていくと、早くとけるようになりました。やはり日ごろ、テストなどで、練習をして時間をうまく利用できるようにすることが大切だと思います。

ページトップ

資料請求・お問い合わせ