西岡 幸音さん。中学受験の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


 

開智中学校
特進
西岡 幸音さん

第一ゼミナール尾崎校
阪南市立東鳥取小学校卒業

受験勉強のスタート

小学校2年の時、姉が受験をしたことがきっかけです。その後、学校が嫌いだった姉が楽しそうに通っているのを見て、小4の時に開智の受験を決めました。塾に入ったのは小5パシードの最初の授業(2012年2月29日)からです。

印象に残る授業

小5の時の、初の理科のテストです。苦手な理科で100点を取れたことが嬉しかったので、印象に残っています。

サマーVゼミ・大晦日集中ゼミについて

小5の時だけの参加でしたが、元々勉強はあまり好きではなかったのでつらかったことは覚えています。でも、力がついているという実感があったので、つらくとも楽しい授業でした。

志望校の決定

最初の項目でも書きましたが、姉が通っていたのがきっかけです。その後も、開智のイベントに参加したりして、どんどん開智が好きになっていきました。

この1年間、どのように受験勉強に取り組みましたか?

とにかくプラス思考です。「いやだと思うとやる気がなくなるので、「私なら出来る」と思って取り組んできました。「きっと」ではなく断定の形にするのがポイントです。

合格を勝ち取ったときの喜びや気持ち

入試が終わった時からもう受かったつもりでいたので、最初に思ったのは「やっぱりな」でした。多量の課題が出るのを知っていたので悲しくもありましたが。

自分を支えてくれた人たち(保護者の方や塾の先生)へのメッセージ

今まで応援してくれてありがとうございました。中学に進学してからも、楽しくプラス思考で頑張っていきます。目指せ特待!

受験勉強を通して学んだこと、後輩へのメッセージ

受験勉強は難しいですが、決して実現できないことではありません。入試の問題でも、落ち着いて解ければ簡単に解くことができます。自信を持って頑張ってください。

ページトップ

資料請求・お問い合わせ