林 あかりさん。中学受験の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


 

近畿大学附属和歌山中学校
学際
林 あかりさん

第一ゼミナール南海和歌山市駅校
和歌山市立雄湊小学校卒業
他合格校:
和歌山信愛中学校(医進)

受験勉強のスタート

受験勉強をはじめたのは4年生のころです。第一ゼミナールに入った理由は、4年生のときに習っていて、とても分かりやすかったからです。

印象に残る授業

基礎錬成で細かい同じ間違いなどを正せた時に、「このままいかなくてよかった。この授業をうけていてよかった。」と思ったのをよく覚えています。

サマーVゼミ・大晦日集中ゼミについて

サマーVゼミや大晦日集中ゼミでは、他の人がやっているので、自分もやらなきゃいけないと感じるようになり、勉強がはかどりました。

志望校の決定

医者になりたかったので、できるだけ難しい所に入ろうと思ったのですが智辯はあまりにも難しそうだったので次に難しそうな近大和歌山を志望しました。

この1年間、どのように受験勉強に取り組みましたか?

無理矢理勉強したくないときに勉強するのではなく、ふとやりたくなったときにやるようにしました。いやいやするよりもやりたいときにやった方がのみこみが速いので、この方法は有効だったと自分では思っています。

合格を勝ち取ったときの喜びや気持ち

すごくうれしくて両手をバンザイして「やったー」といっていしまいました。「うかってよかった」という安心もありました。

自分を支えてくれた人たち(保護者の方や塾の先生)へのメッセージ

今まで私を支えて下さってありがとうございます。これからは、中学校についていきさらに上のコースにも上がれるようにがんばります。

受験勉強を通して学んだこと、後輩へのメッセージ

みんなが遊んでいる中、勉強するのはとても辛いです。なので精神的な面で強くないと受験勉強は難しいです。なので受験勉強では精神的な面もきたえられると思います。受験で頭がよくなるだけではなく精神も強くなるので得をしていると思ってがんばって下さい。

ページトップ

資料請求・お問い合わせ