寺尾 真子さん。中学受験の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


 

大阪桐蔭中学校
英数選抜
寺尾 真子さん

パシード天王寺校
大阪市立加美南部小学校卒業
他合格校:
金蘭千里中学校、土佐塾中学校

受験勉強のスタート

受験を決めた時期は、5年になってからで、他の塾に通っていたけれど、算数についていけなくなって塾があっていないということで、そこを辞めて、おばあちゃんの知り合いの占いの人に占ってもらって、第一ゼミに行ったら良いと言われたから。

印象に残る授業

所属校の国、算、理、社の4人の先生は皆、個性的でおもしろい先生でしたが、特に印象に残ったのは、国語の三宅先生の授業と、算数の中村先生の授業です。三宅先生は自分のことを「大先生」と言ったり、生徒をいじったりしていたし、中村先生は、こわいけれどとても面白い授業でした。

サマーVゼミ・大晦日集中ゼミについて

5年のとき、大晦日集中ゼミに初めて参加して、「あと1問できていたら・・・」みたいな感じでとても悔しかったのをとても覚えています。6年になってからは、クラスの中でも、テストで全然下の方で、そういう悔しさではなくて、無力さを痛感しました。そういう気持ちは力になったと思います。

志望校の決定

志望校は、5年の終わりくらいからずっと、大阪桐蔭中学校を第一志望にしていました。理由は、校舎もきれいだし、制服も他のところよりずっと可愛いのもあるけれど、何より、厳しく、勉強のことを管理してくれる学校だったからです。

この1年間、どのように受験勉強に取り組みましたか?

私は、しいて言うと、国語が得意だったので、宿題でも、国語ばっかりしていました。苦手な、理科、社会はあまりやりたくなくなることもあったけれど、気合いで乗りきって頑張ってやりました。

合格を勝ち取ったときの喜びや気持ち

私は合格発表に行くとき、「絶対に落ちてるだろうな」と思っていたので、自分の番号があったとお母さんに見つけてもらったとき、「えっうそ!?」と思ったけど、本当に受かっていて安心したし、第一志望に合格して嬉しかったです。

自分を支えてくれた人たち(保護者の方や塾の先生)へのメッセージ

教育費用や、毎月のお弁当、送り迎えなど、いろいろな面で、両親には感謝しています。先生方には厳しく、楽しい授業を毎週毎週してくれて、ありがたく思います。これからは勉強もクラブも頑張ります。

受験勉強を通して学んだこと、後輩へのメッセージ

宿題は手を抜いてはいけません。手を抜くと、「確認テストだから大丈夫」とか思っても、全く解けないんです。えらいことになります。

ページトップ

資料請求・お問い合わせ