第一ゼミナール
トップ

ことばの学校。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求

  • 第一ゼミの特長
  • 小学部(中学受験)
  • 中学部(高校受験)
  • 高等部(大学受験)
  • 個別指導
  • 各校一覧
  • 受験情報
  • 合格実績・体験記
  • 初めての塾選び
現在位置

ホーム > 小学部・小学生コース(中学受験〜高校受験) > ことばの学校

ことばの学校

ことばの学校

ことばの学校の特長

良書多読

良書多読

厳選された古今東西の良書を多読します。 週1回の授業時間で年間30冊程度を読破!
年間の読書計画も立てやすく、これまでの読書履歴が記録されることで達成感も高まります。
国語のプロが厳選した書籍が読める!
国語のプロが厳選した書籍が読める
無数にある本の中から、国語のプロが「その学齢でぜひ読んでおきたい」と思う本が厳選されています。 古今問わず名作と定評のある文学作品、絵本、論説文、古文と多岐にわたって用意しています。
これら良書を年間 40〜50冊のペースでどんどん読んでいくことそのものが読書力を高めることにつながります。
速聴読

速聴読

自分にあった速さで、プロのナレーターが読み上げた音声を聴きながら同時に黙読します。
「文字」ではなく、「ことば」のかたまりで読む力が高まり、継続することで無理なく読書速度を速めることができます。
ことばの学校で語彙数どんどんアップ!
読書ワーク
読書の前後で取り組む「読書ワーク」で、本の中に出てくる語彙の表現や意味を確かめ、ことばの運用を生きた表現から学びます。 第一ゼミナールでは、楽しみながら、すべての教科の根幹である国語力を高めます。
読書を効果的に学力に結びつけるシートの例
ことばシート

ことばシート

気持ちを表すことばなどを中心に、文脈からの理解を深めます。
表現の実りシート

表現の実りシート

擬音語や擬態語、擬人法など豊かな表現の意味を学びます。
読書の成果を定期的に診断!

読書の成果を定期的に診断

「読書指数®」とは、見えにくい国語の力を「見える化」し数値として算出したものです。 第一ゼミナールでは、年2回、独自の診断ツールで国語の力の土台をなす「語彙力」と「読書速度(正確に読む速さ)」を診断します。 診断結果を見れば、日ごろの読書成果が一目瞭然です。

授業の流れ

  • 進度管理表で、読む本の確認。ブースに座って、読む速さ調整。
    ※7シート教材の場合は、読む前の読書ワークに取り組みます。
  • これが速聴読!
    ヘッドホンをします。朗読音声を聞きながら読書を進めます。
    ※速度が合わない場合は読みながらでも調整できます。
  • 1トラック分読み終わったら、読書ワーク。言葉や表現の意味を確かめていきます。
    読書ワーク
  • 速聴読と読書ワーク(AとB)を2〜3回程繰り返すと終了です。
    1冊終わった場合は次の本に進みます

各種お問い合わせ・資料請求〈無料〉

  • Webはこちら

ページトップ

資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話でお問い合わせ
kikimimi
第一ゼミナール公式アカウント LINE@ 受験情報などお届け
第一ゼミナール公式facebookページ
運営会社についてプライバシーポリシー
(c)Withus Corp.