第一ゼミナール
トップ

中学生に学習塾はなぜ必要なのですか?。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求

  • 第一ゼミの特長
  • 小学部(中学受験)
  • 中学部(高校受験)
  • 高等部(大学受験)
  • 個別指導
  • 各校一覧
  • 受験情報
  • 合格実績・体験記
  • 初めての塾選び
現在位置

ホーム > はじめての塾選び > 中学生に学習塾はなぜ必要なのですか?

中学生に学習塾はなぜ必要なのですか?

中学生に学習塾はなぜ必要なのですか?

中学校に通う3年間は、将来を大きく左右する重要な時期であるといっても過言ではありません。 それは、目の前の「高校受験」だけを目標にすることなく、その先の「大学受験」、さらにその先の「社会人としての活躍の場」についても真剣に模索し、目標を実現するために最適な進路を見つける時期だからです。 そんな中学生にとって必要なのは、学習の本質を理解するということ。単純に「丸暗記」、「志望校合格」に取り組むのではなく、将来の目的達成に必要となる、本物の学習力を身に付けていくことが必要になります。

難関・名門校へのトップクラスの合格実績を誇る学習塾である第一ゼミナール。 その中学部では、日々の学習の成果である成績向上、これからの大きな目標となる志望校合格を、勉強のための勉強、受験のための受験とは考えず、将来を志向しながら本質を追究するものと考えて学習塾という立場からの指導を行っています。

まず、中学1・2年生の間に必要となるのは、基礎学力の確立と一歩踏み込んだ深い内容の理解です。 それを実現するにあたっては、1年生の間には、学校の先取り授業を行い、教科内容を完全に理解することを目指します。 同時に、不得意科目・分野といった弱点を克服し、実力を伸ばしていきます。2年生になると、志望校や目標を具体的にイメージすること、応用力を育成することが必要になります。 この時点から、本格的に受験情報や入試の仕組みについて知り、目標と対策をしっかりと立てることが必要になります。 このような場面では、学習塾の情報収集力や分析力が大いに役立つことになります。

そして中学3年生になると、第一ゼミナールでは難関・名門校への確実な合格を目指す学習塾として、受験対策指導と各種サポートを徹底して行っていきます。 授業の完全理解と基礎力強化をはかると同時に、志望校に狙いを定めた応用力を徹底的に育成していきます。 そのほかにも、内申点の決め手となる定期テスト対策の指導、学校情報や受験動向の研究に入ります。 また、初めての入試となる生徒も多いことから、学習サポートだけでなく、メンタル面でのケアと教科も行います。

中学生にとって学習塾の真価を強く実感できるのは、中学3年生の1年間だけかもしれません。 しかし、その後に1〜2年のときのことを考えると、学習塾に通っていて良かったと思ってもらえるはずです。
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話でお問い合わせ
kikimimi
第一ゼミナール公式アカウント LINE@ 受験情報などお届け
第一ゼミナール公式facebookページ
運営会社についてプライバシーポリシー
(c)Withus Corp.