第一ゼミナール
トップ

生野高校合格 川北純平くん。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求

  • 第一ゼミの特長
  • 小学部(中学受験)
  • 中学部(高校受験)
  • 高等部(大学受験)
  • 個別指導
  • 各校一覧
  • 受験情報
  • 合格実績・体験記
  • 初めての塾選び
現在位置

ホーム > 合格実績 > 生野高校の高校受験合格体験記 > 生野高校合格 川北純平くん

生野高校合格 川北純平くん

生野高校 文理学科 合格

イラスト

川北純平くん

  • 校舎喜志校
  • 中学校富田林市立喜志中学校 卒業
  • 他合格校初芝富田林高校 普通科V類(文・理・医進選抜)
第一ゼミナールに学んで
今回私は、前期入試で生野高校文理学科に合格することができました。正直、前期入試で受かるとは本気で思っていませんでした。まず、十二月に仮内申つまり前期入試の際に提示する内申点が学校から知らされるわけですが、私はこの点数が他の同じ志望校の人達の平均と大きく差が開いていました。ここで、当日のテストの点数で必ずこの差を埋めなければならないという大きなプレッシャーがかかりました。そして冬休みを挟み、三学期の初めにある、学校の実力テスト。私はここでも大きなミスを犯してしまい、他の人と差をあけてしまう結果となりました。さらに愚かな事に、三学期中盤にあった学年末テストも失敗してしまいました。この度重なる失敗や、思うようにいかない苛立ちで自分の自信を無くしてしまいました。「もう第一志望は無理なんじゃないか」「一つ下げるべきか」そう何度も考えていました。そして迎えた前期入試。前期入試は生野を受けても富田林を受けても、倍率の影響で受かる確率はそう変わらないとの事なので、生野を受けることにしました。最初にも言った通り、自信はあまりなかったです。しかし、こうは思っていました。「同じ受からないなら、下手に守りにはいらず全力を出して挑もう」と。その結果、私は念願の第一希望の生野高校文理学科に合格することができました。今回の経験を通して私はこのことを学びました。それは、「たとえ成功の確率が低くとも、自分の全力を出せば上手くいく」ということです。最後まで自身が今まで積み重ねたいたことに自信をもち、自分の最善をつくせば何とかなるのです。今回の経験はとても貴重なものとなりました。このことを忘れずに、今後の高校生活での勉強やクラブ活動に取り組もうと思います。
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話でお問い合わせ
kikimimi
第一ゼミナール公式アカウント LINE@ 受験情報などお届け
第一ゼミナール公式facebookページ
運営会社についてプライバシーポリシー
(c)Withus Corp.