第一ゼミナール
トップ

生野高校合格 片岡壮吾くん。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求

  • 第一ゼミの特長
  • 小学部(中学受験)
  • 中学部(高校受験)
  • 高等部(大学受験)
  • 個別指導
  • 各校一覧
  • 受験情報
  • 合格実績・体験記
  • 初めての塾選び
現在位置

ホーム > 合格実績 > 生野高校の高校受験合格体験記 > 生野高校合格 片岡壮吾くん

生野高校合格 片岡壮吾くん

生野高校 文理学科 合格

イラスト

片岡壮吾くん

  • 校舎喜志校
  • 中学校富田林市立喜志中学校 卒業
  • 他合格校清教学園高校 普通科S特進コース理系
第一ゼミナールに学んで
私は兄が通っていたということもあり、生野高校の文理学科を目指しました。確実に合格するために得意である数学は最も強い武器になるよう、苦手である国語(古文)、英語は基礎基本をしっかりと固めて、小論文はとにかく五百四十字以上は埋め、字を見直し汚い字(る)などをきれいに書くことを何度も練習しました。これらのことをしていく一年間の中で、一番印象に残った行事は大晦日集中ゼミで、あの普段とは違う環境の中で三日間で三十時間というハードなスケジュールをこなしたことは、達成感と自分はできるというやる気を与えてくれました。この行事を真剣に受けることで新たな年度に入り、入試本番まで百日をきったということ、自分自身が受験生であることを改めて実感させられたこと、仲間でありライバルである生徒とお互いに競い合いながら目標に向かって努力することのうれしさを知ることができました。これらの行事が行われる前は受験勉強がそこまでしんどくないと思っていて、しんどくなると嫌だなと感じましたが、友人に教わり教えるという行動により、いっしょに志望校に受かりたいと思い、楽しい高校生活が待っていることを心に持つ事で受験勉強をポジティブに変換することができました。あと兄が私に「後輩になってほしい」と言って私が兄を喜ばすことを目標にすること、学校の帰り道に友人と高校に行ったら何をしたいかを考えながら下校することは自分のやる気につながります。この受験生としての期間は私一人では合格に辿り着くことは無理だったと思います。友人や先生、家族などの協力によって叶った合格だと私は考えます。
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話でお問い合わせ
kikimimi
第一ゼミナール公式アカウント LINE@ 受験情報などお届け
第一ゼミナール公式facebookページ
運営会社についてプライバシーポリシー
(c)Withus Corp.