第一ゼミナール
トップ

高津高校合格 村岡亮典くん。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求

  • 第一ゼミの特長
  • 小学部(中学受験)
  • 中学部(高校受験)
  • 高等部(大学受験)
  • 個別指導
  • 各校一覧
  • 受験情報
  • 合格実績・体験記
  • 初めての塾選び
現在位置

ホーム > 合格実績 > 高津高校の高校受験合格体験記 > 高津高校合格 村岡亮典くん

高津高校合格 村岡亮典くん

高津高校 文理学科 合格

イラスト

村岡亮典くん

  • 校舎喜志校
  • 中学校富田林市立喜志中学校 卒業
  • 他合格校桃山学院高校 普通科S英数コース
第一ゼミナールに学んで
合格して、今感じるのは「あきらめず、努力を続けてきて良かった」という達成感です。ときには、もう勉強したくないとしんどい気持ちで押しつぶされそうなこともありました。しかし、今一番思うのは勉強する場として第一ゼミナールを選択したことが正しい判断だったということです。先生は勉強の質問は全力で丁寧に分かるまで教えてくれるうえ、カウンセラーのように相談にも気軽にのってくれて、心を救われたこともあり、本当に良き相談相手になってくれました。文理学科を目指すうえで土曜日の文理コース、日曜文理ゼミ、大晦日集中ゼミは大きな刺激となり、新しい多くのことを学べる貴重な場でした。やはり入試で一番ラッキーなのは、「この問題一度やった」と思えることです。それには多くの経験が必要で、第一ゼミナールのこれらの講習会では多種多様な問題に挑戦でき、毎回終えたあとには、ひとつでも新しいことが身に付く、自分にプラスとなるものでした。合格できたのは、やっぱり自分の周りや自習できる環境が整っていたからであり、特に自習室の活用・先生への質問は大切だと今では強く思います。どうしても家では机に長時間向かえないのが受験生のほとんどです。自習室を利用すれば50分間、周りにはライバルたちのがんばりが見えているので、やる気が出て集中し続けられます。勉強において、一番やってはいけないことは分からない所を放置することです。気軽に先生に声をかけ、納得がいくまで質問することがこの三年間で最も大切だと感じたことです。中三になってからスイッチを入れては遅い。中一からおおよその目標を設定し、努力するべきだという思いでやってきました。努力を続けてきたので合格発表の時には涙が出るほどの歓喜が待っていました。支えてくれた親や友人、塾の先生への感謝の気持ちを忘れず、これからも今以上の努力をし、第一ゼミナールで学んだ多くのことを忘れず、次の大学受験に向けがんばります。
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話でお問い合わせ
kikimimi
第一ゼミナール公式アカウント LINE@ 受験情報などお届け
第一ゼミナール公式facebookページ
運営会社についてプライバシーポリシー
(c)Withus Corp.