第一ゼミナール
トップ

15段階学力別指導。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求

  • 第一ゼミの特長
  • 小学部(中学受験)
  • 中学部(高校受験)
  • 高等部(大学受験)
  • 個別指導
  • 各校一覧
  • 受験情報
  • 合格実績・体験記
  • 初めての塾選び
現在位置

ホーム > 中学部・中学生コース(高校受験) > 15段階学力別指導

15段階学力別指導

15段階学力別指導

先生による授業・解説×ICTを活用した一人ひとりに合わせた学力別指導

今の自分の学力を知り成長させることをめざした、新しい集団指導が一ゼミナールではじまりました。 2020年の大学入試改革は、もう目前です。
「先生による授業・解説×ICTを活用した学力別指導」で、一人ひとりに合わせたサポートを行い、みなさんの学び・考えるチカラを豊かに育みます。
生徒にとって、わかりきっている問題を10問やるより、考え抜いて解けた1問の方が、価値がある

4つの特長

  • ≪Point01≫ 2020年からの入試改革に対応!
  • ≪Point02≫ 集団指導×個別最適学習 一人ひとりに最適な15段階の学習で成績向上実現!
  • ≪Point03≫ 繰り返し学習が可能! ICTを活用して一人ひとりの苦手単元を徹底克服!
  • ≪Point04≫ 家庭学習状況をデータ化 効果的な学習方法を教員からアドバイス!

学びの3要素

将来の予測が困難な時代の中で、一人ひとりが幸福な人生を生きるために必要な力として文部科学省が提示した力。
これまでも問われていた「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」に加え【主体性・多様性・協働性】を含めた力のことを指します。
小・中学生で身につけておくべき力とは
大学入試改革に先行し、すでに高校入試でも膨大な文章や資料から得られる情報を短時間で処理し、まとめあげる「情報処理能力」と「情報編集力」の両方が求められます。
矢印
教育改革に完全対応の指導システム
  • 「集団の良さ 」×「個別の良さ」
    スピードと集中力を講義で育み、演習時間では一人ひとりへの対応を強化します。
  • プラスサイクル学習法
    第一ゼミ独自の「プラスサイクル学習法」(意欲喚起指導)で、一人ひとりの「主体性」を育みます。

新しい集団指導の学習サイクル

「実感」重視の対話型講義

本質から学び、思考力を育む
(第一ゼミの授業)

  • 単なる知識の詰め込みではない本質理解を促す指導で思考力を育成
  • プロジェクタ―タブレットなどを活用し、短期間で効果的な学びを実現
  • 常にスピードを意識することで集中力も向上

個別最適学習(15段階学力別指導)

「わかるまで指導」から「できるまで指導」へ(第一ゼミの授業)

  • 15段階の学力別カリキュラムで従来のクラス分け以上の学習効果を発揮
  • 講義内容の定着状況をすぐに確認し即時アドバイス
  • 自分の意志とペースで学習を進めるシステムが「主体性」を育む

授業内確認テスト

自己成長を実感する瞬間
(第一ゼミの授業)

  • 15段階学力別に応じた「授業内確認テスト」で学習成果を正確に測定
  • 結果に応じたアドバイスと学習プランをその日の演習時間に提示
  • 「できた!」の積み重ねがさらなる学習意欲を引き出す

家庭学習指導

一律の宿題ではなく個別課題を提示(家庭学習)

  • タブレットを活用し、一人ひとりの学習状況に合わせた課題を提示
    (だからこそ、効率的かつ主体的に楽しみながら取り組めます)
  • 「ミス問ループ・苦手出題」機能により「リトライ定着学習法」を深化

新しい集団指導の特長

  • 15段階学力別指導
    演習用教材はタブレットに収録されています。大枠では「基本問題」(基本レベル)、 「練習問題」(標準レベル)、「チャレンジ」(応用レベル)といった学力別の問題で構成されています。基本問題を反復することで基礎を定着させたり、より発展的な問題に取り組み応用力を高めたりと、生徒一人ひとりの学力や目的に応じた問題選定を行います。
    ※15段階学力別指導については、英語・数学対象となります。
    ※学力別の段階は科目によって異なります。
  • やり直し学習・繰り返し学習
    多くの問題に解説動画が準備されているので、間違えた原因をすぐに把握することができます。 間違えた問題はタブレット内に記録され、間違えた問題そのものや類似問題を選択し、理解して正解するまで繰り返し学ぶことができます。
    また、同じ問題でも難易度を変えて演習することで、基本に立ち戻って学習したり、より難しい問題に挑戦したりと、それぞれに理解度に応じた問題を解くことができます。
  • 学習進捗管理機能
    一人ひとりの学習の進捗状況はすべてタブレット内に記録されます。 そこから苦手分野を割り出し重点的な学習を行います。 基本から応用レベルまでの理解度の高まりを見える化し、学習における成長を実感することができます。
    また、確認テストの結果などはタブレット内にデータ保管されるので、定期テストなどに向けた学習をより効果的に進めることができます。
  • 家庭学習支援
    ICTを通して、家庭学習の進捗や状況を教員が確認できるので、家庭での学習の仕方やタイミングなどの助言も可能となります。

開講校

  •  城東校(大阪市)
  •  城東緑校(大阪市)
  •  鶴見校(大阪市)
  •  放出校(大阪市)
  •  金岡校(堺市)
  •  深井校(堺市)
  •  泉ヶ丘南校(堺市)
  •  岸和田校(岸和田市)

ページトップ

資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話でお問い合わせ
kikimimi
第一ゼミナール公式アカウント LINE@ 受験情報などお届け
第一ゼミナール公式facebookページ
運営会社についてプライバシーポリシー
(c)Withus Corp.