第一ゼミナール

資料請求・
お問い合わせ

2019
第一ゼミナールの夏期講習会

中学生

2019 第一ゼミナールの夏期講習会 中学部

第一ゼミナールでは脳科学にもとづくプラスサイクル学習法で、自ら学ぶ主体的な学習姿勢を引き出します。夏休み期間中の第一ゼミナールには、成績向上・志望校合格に向けて教員と生徒の本気があふれています。中2・3生には3日間集勉強会(サマーVゼミ)も用意し、ライバルたちと一堂に会する場を設けています。受験という同じ目標を持ったライバルたちと一緒に、実力を高め合う夏にしましょう!

期間
2019年7月22日(月)~8月24日(土)

※地域・校舎により講習期間が一部異なる場合があります。

時間
1教科につき60分×10回授業

※中3生は、1教科につき12回授業となります。

教科
数学・国語・英語・理科・社会
数 学
中1
計算分野を中心とした1学期範囲の復習・小学校の重要単元の復習と方程式の文章題を中心とした応用力を育成します。「文字式を利用する」利便性を体感します。
カリキュラム詳細
  1. 正負の数(1)
  2. 正負の数(2)
  3. 文字と式(1)
  4. 文字と式(2)
  5. 復習(平均と速さ、比と割合)
  6. 方程式の解き方(1)
  7. 方程式の解き方(2)
  8. 方程式の利用(1)
  9. 方程式の利用(2)
  10. 方程式の利用(3)
中2
方程式や関数では中1・中2の内容を連続的に学習し応用力を育成。中1の平面・空間の図形分野も求積問題を中心に学習し2学期に備えます。
カリキュラム詳細
  1. 平面図形
  2. 空間図形
  3. 作図
  4. 式の計算(1)
  5. 式の計算(2)
  6. 連立方程式(1)
  7. 連立方程式(2)
  8. 1次関数(1)
  9. 1次関数(2)
  10. 1次関数(3)
中3
最新の入試問題を単元別に編集した教材で、2次関数や相似を含む入試必出単元を実戦的に学習。入試を見据え、答案作成の記述力・得点力を身につけます。
カリキュラム詳細
  1. 図形の証明
  2. 図形の求積
  3. 平方根
  4. 連立方程式の文章題
  5. 比例と反比例、1次関数
  6. 2次関数(1)
  7. 2次関数(2)
  8. 2次関数(3)
  9. 実力テスト対策
  10. 相似(1)
  11. 相似(2)
  12. 相似(3)
国 語
中1
「第一ゼミ式読解問題解法集」に基づいた読解力の育成と、条件記述や抜き出しなどの記述力の養成を行います。文法についても「文の成分」を中心に理解定着を図ります。
カリキュラム詳細
  1. 指示語・接続語の働き
  2. 場面・情景をとらえる
  3. 人物の心情や性格をとらえる
  4. 詩の鑑賞(表現技法・鑑賞文)
  5. 段落の要点・段落関係・構成
  6. 文章の要旨をとらえる
  7. 主題をとらえる
  8. 読解総合問題
  9. 資料の読み取り
  10. 古文「歴史的仮名づかい」
中2
「第一ゼミ式読解問題解法集」に基づき、「主題や要旨」を的確に読み取れる力と、「指示語・理由・心情」の記述解法の指導を行います。中2で本格的に学ぶ「古典」や文法で得点力向上を図ります。
カリキュラム詳細
  1. 指示語・接続語
  2. 段落の要点・段落関係・構成
  3. 文章の要旨
  4. 場面・情景
  5. 人物の心情・性格
  6. 主題
  7. 詩・短歌・俳句
  8. 読解総合問題
  9. 資料の読み取り
  10. 古文「会話文・動作主」
中3
最新の私立・公立入試問題を題材に、「論説・随筆・小説・古文・漢文」の各文章ジャンルをバランスよく指導しながら「読解力と記述力」を完成させ、入試本番を見据えた実戦力の向上を図ります。
カリキュラム詳細
  1. 文学的文章(1)
  2. 説明的文章(1)
  3. 作文
  4. 文学的文章(2)
  5. 説明的文章(2)
  6. 詩・短歌・俳句
  7. 説明的文章(3)
  8. 古文(1)
  9. 古文(2)
  10. 文の成分・文節相互の関係
  11. 品詞分類
  12. まぎらわしい品詞の識別
英 語
英語4技能
「Listening」「Speaking」対策
通常授業と同様に「聞く」「話す」を講習会でも実施していきます。
入試に必要な英語力だけにとどまらず、コミュニケーションツールとしての英語を身につける素地を作ります。
中1
一度習った内容を別の角度から「英語の理論」を習得します。「だれが・どうする・何を」を意識して、文の成り立ちの完全理解をめざします。
カリキュラム詳細
  1. I am / You are / This is / That is / What
  2. He is / She is / Who
  3. 一般動詞(1人称・2人称)
  4. 複数形(1)
  5. 複数形(2)
  6. 形容詞・副詞・冠詞
  7. 命令文
  8. 一般動詞(3人称)(1)
  9. 一般動詞(3人称)(2)
  10. 総合
中2
名詞・形容詞・副詞といった品詞の働きをおさえながら、各単元の中で「文型」の視点を養うことで、英文の仕組みを理解できるようになります。
カリキュラム詳細
  1. 過去形
  2. 未来の文
  3. 助動詞(1)
  4. 助動詞(2)
  5. 接続詞(1) または 不定詞(1)
  6. 接続詞(2) または 不定詞(2)
  7. 不定詞 または 不定詞(3)
  8. 動名詞
  9. 疑問詞
  10. 総合

※5、6、7は地域により異なる

中3
近年の入試で頻出の重要構文、名詞修飾などを指導します。また、品詞や文型を徹底指導することで、読解やリスニング問題を解くためのベースを身につけます。
カリキュラム詳細
  1. 名詞・冠詞
  2. 代名詞(1)
  3. 代名詞(2)
  4. 比較
  5. 不定詞構文(1)
  6. 不定詞構文(2)
  7. 接続詞(1)
  8. 接続詞(2)
  9. 英文読解の攻略(1)
  10. 英文読解の攻略(2)
  11. 実力養成(1)
  12. 実力養成(2)
理 科
中1
1学期に学習した分野(生物・化学)の復習を主に行います。さらに、つまずきやすい物理分野(光の性質)にも取り組み、2学期に備えます。
カリキュラム詳細
  1. 花のつくりとはたらき
  2. 根・茎・葉のつくり
  3. 光合成・蒸散の実験
  4. 植物の分類
  5. 物質の性質と密度
  6. 気体の性質と発声法
  7. 状態変化
  8. 溶解度(1)
  9. 溶解度(2)
  10. 光の性質
中2
入試頻出の単元である中2生物・化学分野の学習を主に行います。加えて中1の復習や、入試頻出の計算を含む化学反応にも取り組み、2学期に備えます。
カリキュラム詳細
  1. 原子・分子・化学式
  2. 分解
  3. 化合・酸化
  4. 還元・質量計算
  5. 消化と吸収
  6. 血液循環
  7. 呼吸・排出
  8. 刺激と反応
  9. 動物の分類
  10. 大地の変化
中3
2学期以降の各種テストに備えて、中2までの差がつきやすい分野の復習を行います。後半は、中3内容に取り組み、入試に備えます。
カリキュラム詳細
  1. 光と音
  2. 力と圧力(1)
  3. 力と圧力(2)
  4. 植物の生活と種類(1)
  5. 植物の生活と種類(2)
  6. 火山と地震
  7. 地層と堆積岩
  8. 空気中の水
  9. 天気とその変化
  10. 化学変化と物質の質量(1)
  11. 化学変化と物質の質量(2)
  12. 動物のなかま
社 会
中1
1学期の復習を地理では地球・世界の姿、気候とくらしなど、歴史は人類の出現、文明のおこり~奈良時代を中心に基本の確認から実力養成まではかります。
カリキュラム詳細
  1. 地球の姿
  2. 世界の姿
  3. 世界各地の気候とくらし
  4. 世界各地の人々の生活
  5. 文明のおこり
  6. 日本の成り立ち
  7. 飛鳥時代
  8. 奈良時代
  9. まとめ・総合問題(1)
  10. まとめ・総合問題(2)
中2
1学期の学習単元を基本の確認から応用力養成まで行います。地理は日本の姿、産業など、歴史は江戸時代までを資料問題、記述式問題などを活用し、思考力・判断力を試す問題への対応力も養成します。
カリキュラム詳細
  1. 世界のさまざまな地域
  2. 日本の地域構成・自然環境
  3. 日本の人口・資源
  4. 日本の産業・交通・貿易
  5. 原始・古代
  6. 中世
  7. ヨーロッパの進出と全国統一
  8. 江戸幕府の成立と鎖国
  9. 幕府政治・産業の発達
  10. まとめ・総合問題
中3
入試頻出の古代から近世を中心に歴史の流れを復習します。受験に必要な必須知識の徹底定着と、2学期からのさまざまな実力テストに対応できる応用力養成を目指します。
カリキュラム詳細
  1. 飛鳥時代
  2. 奈良時代
  3. 平安時代
  4. 鎌倉時代(1)
  5. 鎌倉時代(2)・室町時代(1)
  6. 室町時代(2)
  7. ヨーロッパの発展
  8. 安土桃山時代
  9. 江戸幕府と鎖国
  10. 江戸時代の産業と文化
  11. 幕府政治の変化
  12. ヨーロッパのアジア侵略

サマーVゼミ
中2・3生対象

各地域の受験生が一堂に会し、入試本番の臨場感を体験しながら、ライバルたちと競い合い、高め合える3日間の集中勉強会です。一日10時間・計3日間の学習を通じ、教科面の学力向上と共に入試を明確に意識づけ、本番に打ち勝つ精神力を育みます。

期間
2019/8/11(日・祝)~2019/8/13(火)の3日間
会場
追手門学院大手前会場、興国会場、四天王寺学園会場、浪速会場、羽衣学園会場、和歌山会場
中 2
数 学

1次関数

比例と反比例を発展させた1次関数の単元を徹底理解します。まずは関数の意味、式とグラフの関係、連立方程式の解と交点、グラフの特徴などの基本的知識事項を確実にします。そして図形の求積や平面図形をからめた融合問題等の入試必出問題を演習し、関数の総合的実力をつけます。
英 語

不定詞の3用法・文型・代名詞

英語の語順は5つの文型によって決まっています。文の要素である「主語」「動詞」「補語」「目的語」を徹底的に学習します。英文は文中での働きを理解することで、正確にまとまりで英文を捉えることができます。不定詞では、「文型と品詞」の観点から構造的なアプローチで学習を深めます。また、代名詞では、不定代名詞、相関構文の完全理解を目標に、入試に必要な力を養います。
中 3
数 学

図形と関数

2次関数と図形の融合問題は、入試必出の単元です。また得点に差がつきやすく合否を左右する単元といえます。この3日間で、座標平面上での図形の求積・分割、媒介変数や等積変形を用いた問題など、頻出パターンを網羅し、2学期以降の得点力向上につなげます。
英 語

関係代名詞・後置修飾

英語の修飾関係について指導します。高校入試では、公立・私立を問わずに出題頻度の高い内容です。特に、日本語の修飾関係との違いを完全理解することを目標にします。また、入試に出題しやすい問題パターンを学習することで応用力を養成します。
理 科

化学変化総合

高校入試で受験校を問わず出題される化学分野について指導を行います。特に化合と還元に絞り、入試問題を題材に問題演習を実施し、その問題に対する解法の指導を行います。
社 会

地理(日本地理)

受験生の弱点となりやすい日本地理を指導します。入試で必要となる知識を地域別に網羅し、単なる知識のつめこみではなく、自然・産業を関連付けて知識を深めることを目標とします。
国 語

古典(古文・漢文知識)

受験生の苦手意識が強い古典を後回しにしないように、学校実力テストや入試で出題される内容を中心に指導していきます。このことを通して、2学期以降の各種テストでの得点源のひとつにしていきます。

お問い合わせ専用 受付時間 10:00~19:00

0120-4119-01

トップ・難関校合格コース
中2・3生対象

SUR合格指導会 高校受験

合格指導会で本物のライバルとしのぎを削ることで、将来のトップ高合格に向けた意欲をさらに高め、本物の実力を磨きます。学問の本質にふれる面白さ、知的好奇心を涵養し、高校進学後も伸び続ける素地を構築していきます。

トップ・難関校合格コース(中2・3生対象)

難関夏期講習

本質を学ぶ面白さあふれる、
最高レベルの夏期講習!

中3生は天王寺・北野などの文理学科や難関私立高校合格に直結する 「難問対応力」「中学の枠を超えた発展知識」を身につけます。 中2生は、入試に直結する思考力・発想力・表現力を養成し、実戦力を磨いていきます。最高レベルの授業と、最高の環境で学んでいただき、トップ高受験生としての「確かな実力」を高めることができる講習会です。

※単科受講不可。中3は5科、中2は3科(英・数・国)実施となります。


個別指導コース

個別指導コース

1人の講師に生徒2人までの個別指導形式のコースです。お子さまの学習目標や課題を踏まえた学習プランで、相性の合う講師が指導します。必要な教科・単元だけを組み合わせて受講できますので、定期テストの復習や実力テスト対策をしたい、夏休みを利用して苦手教科・弱点単元を克服したいなどの個々のニーズにも対応できます。まずは個別学習相談で最適な学習法・カリキュラムをご提案しますので、遠慮なくご相談ください。


夏期講習会 受講の流れ

お問い合わせ
お申し込み
まずは、お近くの校舎または本部事務局までお電話にてお気軽にお問い合わせ・お申し込みください。各種ご質問にもお答えいたします。
学力診断テスト
受講説明会
お子さまの今の学力を客観的に把握し、夏期講習会の最適なコース・クラスをご提案いたします。説明会では、講習会内容・第一ゼミの指導や地域情報、最新受験情報などをご説明します。
夏期講習会

オリエンテーション

先生と一緒に、この夏の目標・計画表を作成。一人ひとりの学習への前向きな姿勢を引き出します。

授 業

第一ゼミナール独自の「プラスサイクル学習法」で生徒自身の“学ぶ意欲”と“学ぶ力”を引き出し、これまでの総復習を中心に指導を行い、確かな実力を育成します。

公開テスト

夏期講習会の成果を確認するテスト。今後の課題を明確にし、9月以降の学習に向けてアドバイスを行います。

お問い合わせ専用 受付時間 10:00~19:00

0120-4119-01

資料請求・お問い合わせ
ページのトップへ戻る