2012年度 速読甲子園(全国速読・速解力コンテスト)開催!。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


現在位置

ホーム > 小学部(中学受験〜高校受験まで) > 講座案内 > 速読・速解力コース > 2012年度 速読甲子園(全国速読・速解力コンテスト)開催!

2012年度 速読甲子園(全国速読・速解力コンテスト)開催!

全国速読・速解力コンテスト開催

2012.速読甲子園表彰式に参加した右脳開発コース受講生(個人戦・団体戦)

平成24年9月に速読甲子園(第8回全国速読・速解力コンテスト)を開催。
「速く正確に読み解くイチバンを決める。」全国大会であり、全国約20000名の速読受講生を参加対象として実施されました。 第一ゼミナール・ファロス個別指導学院では、右脳開発コース 速読・速解力 受講生が、各校の右脳トレーニング用PCから、個人戦(9月)・団体戦(7〜9月)に参加しました。
今回の速読甲子園では、個人戦は中学生部門で全国3位(銅賞)1名を始めとして、第一ゼミナール・ファロスは5部門中で上位優秀者(1〜20位)を計20名輩出しました。 上位優秀者対象数100名の内、2割を第一ゼミナール・ファロス生が占め、全国で速読を導入している学習塾において、NO1の実績を残しました。また、団体戦(教室対抗戦)では、南海和歌山市駅校の全国1位(金賞)、学園前校の全国3位(銅賞)で最上位を席巻し、上位優秀校(1〜20位)では計4校がランクインし、全国の速読導入塾の中で当塾のレベルの高さを発揮できました。
今回の大会も受講生全員が日々速読トレーニングで鍛えた能力を存分に発揮してくれたと思います。次回も上位優秀者(校)を目指して、トレーニングに励みましょう。

右脳開発コース 速読・速解力上位優秀者(開講校)の紹介

個人戦参加対象は全国の速読受講生22,133名!団体戦は参加対象1447教室で全国No.1を決定!
今回の速読甲子園は第一ゼミナール・ファロス個別指導学院から個人戦は速読・速解力受講生全員が参戦し、団体戦では計112校の右脳開発コース開講校が参戦しました。 現在、全国で速読トレーニングを行っている受講生は22,133名。個人戦では5つの部門から上位優秀者(1〜20位)各20名を決定することになりました。 合計で100名、約220人に1人の割合という国私立中学・高校などの入学試験とは比較にならない非常に厳しい倍率で競い合う速読の全国大会です。

個人戦上位優秀者20名(全国22,133名の中から上位優秀者(1〜20位)を決定)
ジュニア部門(小1・2)
武庫之荘校 小1 都出 柊汰くん 全国17位

ベーシックII部門(小5・6)
パシード岸和田校 小5 南 翔太くん 全国10位
熊取校 小6 内畑谷 咲彩さん 全国14位

アドバンス部門(中学生)
学園前校 中3 硯 愛画さん 全国3位 銅賞
ファロス上本町教室 中1 里見 辰哲くん 全国5位 入賞
南海和歌山市駅校 中2 船越 海くん 全国8位 入賞
パシード岸和田校 中2 高橋 秋穂さん 全国10位
藤井寺校 中3 中川 航輔くん 全国14位
広島本部校 中3 山岡 明日香さん 全国19位

スタンダードI部門(高校生)
富田林校 高2 竹内 天斗くん 全国4位 入賞
南海和歌山市駅校 高2 伏山 由夏さん 全国6位 入賞
パシード岸和田校 高1 古田 沙耶加さん 全国8位 入賞
ファロス天王寺教室 高1 節田 恵香さん 全国9位
学園前校 高2 市川 達裕くん 全国10位
学園前校 高3 関 倫加さん 全国11位
南海和歌山市駅校 高3 加納 絢未さん 全国14位
南海和歌山市駅校 高1 大前 伊津季さん 全国15位
阿倍野校 高3 村岡 知咲さん 全国16位
阿倍野校 高3 鶴村 真大くん 全国18位
学園前校 高1 岡田 凌くん 全国20位

団体戦上位優秀校4校(全国1447教室の会員塾から上位優秀校(20校)を決定)
南海和歌山市駅校 全国1位 金賞(関西ブロック 1位)
学園前校 全国3位 銅賞(関西ブロック 2位)
阿倍野校 全国10位  (関西ブロック 7位)
パシード岸和田校 全国19位  (関西ブロック12位)

地域ブロック別(上位8位) 成績優秀校
那加校 中部ブロック 8位
広島本部校 中四国ブロック4位

個人戦・団体戦 上位優秀者(校)実績
上位優秀校の6割は第一ゼミ・ファロス!

ページトップ

速読甲子園(全国速読・速解力コンテスト)について

個人戦

  • 第1次 長文テスト【制限時間 15分】

    縦書き長文(約3000〜5000文字)を読んで設問に答える。4択1答式で設問数は5問。

  • 第2次 短文テスト 【制限時間 3分】

    PC上での短文(1問 約400文字)を読んで設問に答える。4択1答式で設問数は20問。

※速解力チェックと同じ形式
判定方法は、制限時間内での解答数と正解率で競う。時間内に全ての解答を終えた場合は、所要時間も判定材料として含まれる。長文・短文の結果を総合して上位優秀者を決定する。

団体戦

全国教室対抗 「スピード力」対抗戦
全国約1430教室の速読導入教室で実施

  • 1種目

    小1〜2 たしざん・ひきざん、 小3以上 かけざん混合

  • 2種目

    全学年 ドッツ数えてみよう(50までHARD)

  • 3種目

    全学年 みつけてみよう

判定方法は、教室内の上位5名までのポイントを累計し、3種目の総合ポイントで全国順位と地域別(6ブロック)順位を決定する。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

資料請求・お問い合わせ