2013年度 速読甲子園(全国速読・速解力コンテスト)開催!。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求


現在位置

ホーム > 小学部(中学受験〜高校受験まで) > 講座案内 > 速読・速解力コース > 2013年度 速読甲子園(全国速読・速解力コンテスト)開催!

2013年度 速読甲子園(全国速読・速解力コンテスト)開催!

速読・速解力コース受講生の声

南海和歌山市駅校 船越 海くん (中3) 個人戦 中学3年 全国1位

小6から速読を始めて4年目になりますが、今回初めて上位入賞者になりました。今年こそは上位になるつもりで速読トレーニングを頑張ったので、とてもうれしいです。最初に速読を始めたときは、中学受験に少しでも役立てばいいな程度でしたが、速読を続けていくうちに検定の結果や読書速度が上がっていくにつれて、自分でもとても楽しいと思えるようになっていきました。トレーニングを頑張ってランキング上位に入ったり、自分のベスト記録を更新した時は、とても達成感があり、速読を楽しく感じます。受講してからは、本を速く読めること以外にも、テストの問題を速く読めるので、繰り返し内容を確認することで、ケアレスミスをしなくなりました。また、理解力も上がったと実感しています。来年の速読甲子園でも結果を残せるように頑張りたいと思います。
保護者様の声
中学受験で大好きな読書の時間も減っていたので、速読を習えば少ない時間でも満足な読書の量が得られると思い、私から受講を勧めてみました。速読を受講してからは、思いもかけず勉強の成績もぐんと上がって希望中学の合格圏内に入ることができ、無事合格をいただけました。男の子なので口数は少ないですが、納得の行く結果が出せた時には、うれしそうに速読のことを話してくれます。
学園前校 硯 愛画さん (高1) 個人戦 高校1年 全国1位

速読甲子園までのトレーニングでは毎回の練習をしっかりするようにしました。入賞が決まった時はとても嬉しかったです。私は本を読むのが好きだったので、速読を始めました。トレーニングを受けてからは、1冊の本を読む速さが変わりました。学習面でも、国語の問題が解きやすくなり、また解答スピードも上がりました。トレーニングでは「速解力チェック」などで早いタイムを出そうとチャレンジしている時が一番楽しいです。来年も今年のように賞が取れるように頑張りたいです。
保護者様の声
速読は気軽に体験してみた時に本人が興味を持ち、始めることになりました。脳が鍛えられて多くのことに効果があると思います。本人は読むのも速いですが、内容も理解できているようです。気に入った本に出会うと分厚い本でも2回3回と繰り返し読んでいます。速読はノーストレスで、とても楽しく週1回通っています。この度、高校1年生 部門の全国1位という栄誉をいただき、本人も家族も驚き恐縮しています。本当にトレーニング以外何もしておらず、入賞したのはひとえに第一ゼミナール学園前校のご指導の賜物であると感謝しています。
ファロス甲子園口駅前教室 橘田 明季奈さん (小2)
個人戦 小学2年 全国2位

保護者様からの代筆
初めての「速読甲子園」参加で銀賞をもらえたことに、すごく驚き、またとても嬉しく思っています。受講のきっかけは、お姉ちゃんの体験受講についていったときに、先生から「一緒に体験してみる?」と声をかけてもらい、パソコンのゲーム感覚で体験してみたら楽しかったので「私も習いたい!」とお母さんにお願いしたのがきっかけです。普段のトレーニングでは、記録が上がったとき先生に「がんばったね!」とほめてもらったり、自分の記録や順位を教室に掲示されたりしたら、すごく嬉しいです。読書が速くできるようになって、お友達から「読むのが速いね!」と言われると、トレーニングしていて良かったと思います。
保護者様の声
私自身が「速読ができていたら…」と思っていました。子どもたちには、今すぐ効果を求めていたのではなく、将来的に速読をマスターして、「様々な本を読んでほしい」そして「集中力をつけてほしい」と思っていました。 家庭内では全くといっていいほど何もしておりませんので、正直なところ、「目に見える変化」というのをそこまで実感しておりませんが、教えてくださる先生の指導方法が良いのかトレーニングについては「楽しい!」と言っております。自分の名前が教室に掲示されたり、表彰状をいただいたりしたときは特に喜んでおります。
広島本部校 山岡 明日香さん (高1) 個人戦 高校1年 全国3位

速読甲子園で全国3位になったと聞いた時はびっくりしました。まさかそんなに上位だとは思っていなかったです。まだ実感はわいていません。速読は7年間受講していますが、最初は友達が楽しそうに速読を受講していたので、自分もやってみようと思ったのがきっかけです。受講してからは本を読むのがとても速くなって、たくさんの量の本が読めるようになり、友達にもびっくりされました。学習面でも問題文章が速く読めるようになったり、新聞を読む時に見出しが一瞬でパッと目に入るようになりました。動体視力も良くなったような気もします。トレーニングは友達と記録を競い合いながら、自分の記録をどんどん更新していくことが楽しいです。
保護者様の声
中学受験のため第一ゼミナールに通い始めてまもなく、「お友達がPCの前で何かやっているんだけど、私もやりたい」と自分から言い出し、体験をして、すっかり気に入ってしまったようです。好きで得意なことをすることは、子どもの精神衛生上に良い影響を及ぼすと信じていますので、「やりたい間は続けていい」と言ってあります。また、私の大学時代の友人の中に、本を読むのがとても速い人がいたので、大学生活や社会に出てから、役立つこともあるのではないかと思っています。速読を始めたのが小3で今は高1なので、急速に成長する時期でもあり、何が速読の変化なのか特定し難いですが、夏休みにレポートを提出する時、面白くない本でも、とにかく数冊読んでから、どの本について書くかを決めていたのは、速く読めるからこそ、できることなのかもしれないと思いました。
学園前校 酒井 達也くん (小6) 個人戦 小学6年 全国5位(入賞)
僕は速読を始めて1年半ほどですが、最初は速読甲子園が全国レベルだとかあまりわからず、いつもと同じようにリラックスして参加することができました。全国5位と聞いて、すごく嬉しく、自分でも驚きました。速読は友達が受講していたので、楽しそうだなと思い、トレーニングを始めました。友達に負けたくないという気持ちで、ゲーム感覚で競い合えるので30分のトレーニングはあっという間ですが、この時間はすごく脳がフル回転しているようで、終わった後はすごく気持ちがいいです。このトレーニングで速読・速解力はもちろん、集中力や判断力も身についたと思っています。いつもトレーニングでは、“ライバルは友達と自分”と思いながら、ベスト記録を出すぞ!と取り組んでいます。高いポイントが取れた時は、先生が、「すごいねー!!」と言ってほめてくださるので、つい頑張ってしまいます。 学校や日常生活でも、日々のトレーニングの積み重ねのおかげで、学校の実力テストの国語で学年の最高得点を取ることができました。また、好きなサッカーでも、一瞬の的確な判断や、キーパーのちょっとした動きを瞬時にとらえることができるようになったので、速読はスポーツにもとても役立っていると思います。次はもっと上位を狙いたいという来年への目標ができたので、これからも楽しくトレーニングを続けていきたいです。
保護者様の声
息子から、「友達が通っているから行きたい」とせがまれ、私も以前から速読には興味がありましたので、通わせることにしました。毎週1時間半の習い事のサッカーを終えてから受講していますが、どんなに疲れていても「速読は絶対休みたくない」と言い、楽しんで通っています。また、トレーニング内容だけでなく、先生や友達とお話したこと等、色々教えてくれ、大変環境も良く、受講後は息子自身も爽快感に満ちあふれています。勉強面においても非常に集中力がつき、意欲的に取り組むことができ、処理能力も随分UPしていると思われます。“好きこそ物の上手なれ”の言葉通り、興味のあることをもっと伸ばしてあげたいとこれからも応援しながら見守っていきたいと思っています。
指導員の声(平田先生)
いつもサッカーのユニフォームのまま教室にさわやかに駆け込んでくれます。そして、達也君はとてもメリハリの効いたトレーニングをしてくれています。楽しく笑う時は笑い、真剣勝負の時にはこちらが声をかけるのをためらうほどの集中力で取り組んでくれます。今回の成績も日頃の積み重ねの成果ですね。これからも楽しく真剣にトレーニングしましょうね!!

速読甲子園(全国速読・速解力コンテスト)へ戻る

お問い合わせ・お申し込みはこちら

資料請求・お問い合わせ