自分の英語が伝わる喜びを学びのモチベーションに! 第一ゼミの英語授業が大きく変わります!

2021年中学校の英語指導が大きく変わります。

大きく変わるポイント!

  • 1

    学ぶ単語数が現行の1.3倍〜1.5倍に増え、高校で学ぶ文法の一部を中学校で学習

  • 2

    4技能5領域の指導へ「聞く」「話す」に、より力点が置かれ、「話す」が「やり取り」と「発表」に

  • 3

    原則、授業はすべて英語で行うことに

1

学ぶ単語数が現行の1.3倍〜1.5倍に増え、高校で学ぶ文法の一部を中学校で学習

学ぶ単語数が原稿の1.3倍〜1.5倍に増え、高校で学ぶ文法の一部を中学校で学習

●中学校で学ぶ単語(語彙)数が約 1.5 倍に! 1200 語 ⇒ 1600 語〜 1800 語程度 に増加 ※小学校との合計で 2200 語〜 2500 語程度に。中学教科書によっては3000語増も。日々の学習での語彙力定着が必要となります。

●高校内容の一部が中学内容に組み込まれます! これまでは高校で学習する単元であった、「現在完了進行形」「原型不定詞」「仮定法」などを中学で前倒して学習します。

2

4技能5領域の指導へ「聞く」「話す」に、より力点が置かれ、「話す」が「やり取り」と「発表」に

4技能5領域の指導へ

●英語を「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能が必要に。「話す」はやりとり、発表する力が必要に! テスト・入試のための「読む」「書く」英語から使える英語のための「聞く」「話す」も重視された4技能が必要となります。「話す」については「やりとり」や「発表」の2つの領域での力が必要となります。使える英語を身につければ、おのずとこれらの力が身につきます。

3

原則、授業はすべて英語で行うことに

原則、授業はすべて英語で行うことに

原則、授業はすべて英語で行うことに 英語で英語を学ぶようになります。英語を好きになって積極的に使う姿勢で苦手意識を持たずに取り組むことができれば、日々の学習もスムーズに進めることができます。

2021年、中学校教科書改訂!
他教科の詳細はこちら

第一ゼミの英語指導がさらに進化!

INPUTとOUTPUTが完全連動
(単語+文法+英会話)

INPUTとOUTPUTが完全連動

単語を音でも学べる「プラタン」

覚えるのではなく「身につく」から、単語を使えるようになる!
第一ゼミ単語教材「プラタン」

目で見て手で書くだけでなく、耳で正しい発音を聞いて即座に口で発することを繰り返す「クイックレスポンス」方式の単語学習方式。オリジナル教材「プラタン」学習で九九のように口から自然に出るようになります。単語を「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能で使えるようになります。
「プラタン」は、「正しい発音を聞き・話す」→「正しく覚えられる」→「実際に試したくなる」→「外国人に自分の英語が伝わる」→「自信となりモチベーションが高まる」→「英語学習に対して前向きになる」→「もっと学びたい!」と英単語の学習観を変えていきます。

単語を音でも学べる「プラタン」

日本語では捉えにくい「前置詞」と、多彩な意味を持つ「基本動詞」のコアイメージを学習

木村達也(キムタツ)先生

プラタン監修者
木村達哉(キムタツ)先生からのメッセージ

『プラタン』では、英語の基礎となる単語を、音声でテンポよくリズミカルに覚えること(クイックレスポンス)で、かけ算の九九のように口から自然に出てくるようになるまで繰り返し学習し、しっかり身に付けます。

キムタツ先生プロフィール

関西学院大学文学部英文学科卒業。西大和学園中学校・高等学校教諭を経て、1998年から2021年3月まで灘中学校・高等学校の英語科教諭を務める。『夢をかなえる英単語 ユメタン』『東大英語リスニング』シリーズ(アルク刊)など多数の著書を監修・執筆。講演、ブログ、メールマガジン、YouTube等を通じて、英語教育に関する情報を配信している。

4技能をバランス良く学べる
「Dアプローチ」

授業用教材「Dアプローチ」で4技能がバランスよく身につく!

  • ・話す(Speaking):英検など各種検定試験で出題される形式に基づき、段階的に学習。
  • ・読む(Reading):「グラフ」・「資料」を読み解く内容が中心。各読解問題の本文音声を搭載。
  • ・聞く(Listening):Listeningのスクリプト(台本)が教材中の Reading本文になっており、連動学習が可能。
  • ・各章で音声機能(基本例文、読解問題の本文音声)が充実。
  • ・書く(Writing):・全学年でWritingの基礎〜実践を学ぶ。

●新学習指導要領により一部の高校内容も完全網羅。→「現在完了進行形」、「原型不定詞」、「仮定法」など
●英検の語彙を各学年に収録→文法単元を学習をしながら、英検各級の語彙を習得できるように工夫。中1は3級、中2は準2級、中3は2級レベルの単語を各ページに収録。

4技能をバランス良く学べる「Dアプローチ」

外国人講師とマンツーマンで話せる
「プラストーク」

身につけた英単語・文法を実際に外国人に使ってみる!
「プラストーク」で通じる!英語を使うことが好きになる!

単語や文法を身につけた後はそれを実際に外国人講師との会話で使うトレーニングです。オンラインでの1:1指導なので初めてでも安心。うまく発音できなかった英語も何度も教えてくれるので正しい発音が身につきます。「夢や希望」「喜び」などを毎回、英語で表現します。この英語を実際に使い、通じる喜びが、英語を好きになることにつながり、「もっと英語を学びたい」というプラスサイクルを生み出します。

よくある質問

Q

英検取得にも対応しているでしょうか?

A

対応しています。「プラタン」により、英単語を楽しみながら学習し、英検2級合格の基礎づくりができます。4技能をバランスよく身につける準2級、2級の取得に向けた指導も展開しています。

Q

授業は英語で行うのでしょうか?

A

重要事項の解説は日本語で行いますが、授業内での発問や声かけ、称賛の言葉などは英語で行い、生徒も英語で回答します。

Q

入塾するにはどのくらい英語力が必要ですか?

A

入塾時にテストを受けていただきますが、あくまでもその時点のお子さまの実力を教員が確認しておくためのものです。英語力がないことを理由に入塾をお断りすることはありませんのでご安心ください。

Q

マンツーマンで外国人と話すのを嫌がりそうで心配です。

A

外国人講師は「引き出し方が上手」なので、お子さまからすぐに英語が出てこなくても心配ありません。ほめながら楽しく前向きに取り組めるように促していきます。

Q

英語に苦手意識が強く困っています。

A

英語を学ぶのは、学校のテストに出るから、そして入試に必要だから・・・もしも、これらがお子さまの学ぶ理由だとすると、楽しむよりもストレスを感じるかもしれません。しかし、英語はグローバル社会での重要なコミュニケーションツールです。第一ゼミナールでは、何よりもお子さまに『使える・通じる英語』を実感してもらい、英語で会話ができる楽しさを実感していただくことに重点をおき、その結果として受験にも使える英語を身につけてもらいたいと考えています。

第一ゼミナールの英語指導、ぜひお試しくださいお問い合わせ

お問い合わせ内容
  • 無料体験は通常授業の体験となります。
    単語教材「プラタン」は4月から導入します。
お子様の氏名 例)第一 太郎
お子様のフリガナ 例)ダイイチ タロウ
お子様の学年
※現学年
お子様の通学校名 例)本町中学校
郵便番号 例)5410051
住所 例)大阪府大阪市中央区備後町
住所(番地) 例)3丁目6番2号
電話番号

お電話で実施日程などをご案内いたします。つながりやすい番号をご記入下さい。

例)06-1234-5678
メールアドレス 例)xxxxxx@xxx.ne.jp

※メールにて受付確認をさせていただく場合がございます。受信設定をなさっている場合は@daiichisemi.netからのメールを受信できるようにご確認をお願いいたします。

その他お問い合わせ

※ご希望の教室などがございましたらご記入ください。

お客様情報
個人情報の取得・利用目的について
  • (1)個人情報はお問合せいただいた内容に回答するため、資料送付および教育サービスに関するご案内のために利用いたします。
  • (2)個人情報を生徒・保護者の皆様の承諾なしに第三者(当社と契約した業務依頼先を除く)に提供することはありません。

ページの先頭へ戻る