第一ゼミナール
トップ

教員インタビュー(城東校 大西 智)。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求

  • 第一ゼミの特長
  • 小学部(中学受験)
  • 中学部(高校受験)
  • 高等部(大学受験)
  • 個別指導
  • 各校一覧
  • 受験情報
  • 合格実績・体験記
  • 初めての塾選び
現在位置

ホーム > 教員インタビュー(城東校 大西 智)

教員インタビュー(城東校 大西 智)

教える教員は存在しない、私たちの仕事は喜びと感動を伝える。

人を育てる。
教員の指導力こそ、第一ゼミの強み。

私が指導する算数・数学という教科について、「教えている」といった意識を持ったことはこれまで一度もありません。 先人が導き出した公式や定理、あるいは経験上得た知恵に生徒たちも喜びを感じるような、いわば贈り物≠届けるのが私たち教員の務めだと考えています。
ですから、ただ数字を羅列するだけ、公式を伝えるだけの授業では贈り物≠ニは言えず生徒は喜びも感動もしません。 数学を学ぶとはどういうことか、その定理がどんな風に世の中で役立っているのか、分かりやすくかつ楽しくかみくだいて授業に取り入れています。
良い授業とは、主体である生徒たちが難しい顔をして聞くようなものであってはならず、教員の自己満足に終わってはいけないのです。
「私」ではなく「生徒」が主役。夢も未来も「自分のために」存在する。
城東校 大西 智
もうひとつ、私が大切にしていること、それは「私の存在を消す」こと。私が教えたそのときだけ成績が上がる、まじめに勉強する。 それでは意味がないのです。私がいなくても成績は良く勉強にも取り組む、いわば生徒に自立していただく。そのために欠かせないのが「意欲喚起」。
誰かのためではなく自分のために頑張るわけですから、自分を好きになることが大前提。 そうして前向きになりそれぞれの目標に向けて頑張ってくれた生徒一人ひとりを認め、「がんばったね!」「すごいね!」と称える、それが第一ゼミの『1/1の教育』です。
自分を認め、他者も認められる人物こそが私たちが目的とする『社会で活躍できる人』でしょうし、その過程において、自分を信じ可能性をとことん高めた結果導き出される産物が、目標とする『志望校合格』なのではないでしょうか。
資料請求・お問い合わせ

受講コース

  • 中学受験(小学部)
  • 高校受験(中学部)
  • 大学受験(高校部)
  • 個別指導コースファロス
  • よくあるご質問
  • お近くの教室を探す
    大阪府
    兵庫県
    京都府
    奈良県
    和歌山県
    広島県
    全国
  • 資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話でお問い合わせ
kikimimi
第一ゼミナール公式アカウント LINE@ 受験情報などお届け
第一ゼミナール公式facebookページ
運営会社についてプライバシーポリシー
(c)Withus Corp.