第一ゼミナール
トップ

教育講演2018。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求

  • 第一ゼミの特長
  • 小学部(中学受験)
  • 中学部(高校受験)
  • 高等部(大学受験)
  • 個別指導
  • 各校一覧
  • 受験情報
  • 合格実績・体験記
  • 初めての塾選び
現在位置

ホーム > 説明会・イベント > 教育講演2018

教育講演2018

教育講演
子どもたちを取り巻く環境は、この数年で大きく変わろうとしています。2020年度からのセンター試験廃止を契機に、高校・大学の入試も大きく変わります。グローバル化する世界で、英語はもはや欠かすことができないものです。新しい英語教育では、従来の「読み・書き」に重点をおいた学び方そのものが変わり、「聞く・話す」を中心としたコミュニケーション能力が重要視されます。
そこで第一ゼミナール・ファロスでは「『英語感』が変わる!第一ゼミの英語指導」と題し、パックンマックンのお二方と、葛g香から国本真実さんをお招きし「世界で活躍するグローバル人材」について伺うと共に、これからますます高まる英語の重要性と、それに対応する英語指導についての教育講演を開催します。

ゲスト講演者のご紹介

パックンマックン
1997年に共通の知人の紹介で知り合い、パックンマックンを結成。日米文化をネタにしたお笑いで人気を博す。
現在は情報番組や英語にまつわるコーナーをはじめ、テレビやラジオ、イベントで活躍。2003年にはラスベガスで、2007年にはハリウッドで英語漫才を挑戦。成功を収めた。
(株)吉香―英語の専門集団―との連携
国際社会のあらゆるコミュニケーションをかなえる(株)吉香は、第一ゼミナールグループの一員です。
長年にわたり国際社会において幅広い分野で通訳・翻訳・人材派遣・アテンダントサービスを提供しており、トランプ大統領の就任演説や、 オバマ前大統領の広島演説における民間放送局の同時通訳を引き受けるなど、その技術力や専門知識は国際的にも非常に高い評価を得ています。

イベント実施のご報告

2月4日(日)、第一ゼミナールと葛g香主催の教育講演「『英語感』が変わる!第一ゼミの英語指導」を北は相愛学園高校、南は堺商工会議所の2会場で実施いたしました。
当日は第一ゼミナールの英語チーフ・小池の挨拶に始まり、ゲストのパックンマックンのお二人による講演、そして最後は世界を舞台に活躍する葛g香・国本さんを交えて、今話題の『グローバル人材とは何か』についてお話を伺いました。大変多くの皆様にご参加いただき、大盛況のうちに講演は終了いたしました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
イベント実施会場・日時
北会場 相愛学園本町学舎 講堂
南会場 堺商工会議所
日 時 2018年2月4日(日)
北会場 10:20〜12:30
南会場 13:20〜15:30
イベント実施内容
  • 特別講演
    パックンマックン『英語を身近に、親しもう』
  • 特別対談
    めざせ!グローバル人材
  • 4技能をのばす第一ゼミナール・ファロスの英語指導について
    ・大学入試改革がもたらす今後の英語教育の変化
    ・第一ゼミナールの英語指導について
保護者の声
ご参加された方から、ご感想やご意見を頂戴しました。以下に一部をご紹介いたします。
  • パックンマックンの特別講演について
    「英語に対する自分の意識や考え方を見直すことができました。とても素敵なお話、楽しく聞かせていただきました。」(中2生の保護者の方)
    「とても楽しく、英語に対する苦手意識が少し減った気がします。子どもには苦手意識を持たず、スムーズに話せるようになってほしいです。」(小4生の保護者の方)
    「とてもわかり易い内容でした。英語アレルギーをとっぱらう考え方がすごく入ってきました。“間違えてもいい”はすごく背中を押してくれると感じました。」(小6生の保護者の方)
  • 第一ゼミナールの英語指導について
    「前向きな姿勢で英語に取り組めるので興味がわきました。」(中3生の保護者の方)
    「英語は楽しいもの、という取り組みが共感できます。単なる受験のための英語だけでなく、その先を見すえた教育を引き続きやっていただきたいです。」(中1生の保護者の方)
    「『この答えもいいね』『この言い方もあるよ』って子どもに伝えてもらえるのは嬉しいです。」(小5生の保護者の方)

ページトップ

資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話でお問い合わせ
kikimimi
第一ゼミナール公式アカウント LINE@ 受験情報などお届け
第一ゼミナール公式facebookページ
運営会社についてプライバシーポリシー
(c)Withus Corp.