第一ゼミナール
トップ

第一ゼミナールの公開テスト(実力判定・志望校判定)。学習塾の第一ゼミナール

  • 第一ゼミの特長
  • 小学部(中学受験)
  • 中学部(高校受験)
  • 高等部(大学受験)
  • 個別指導
  • 各校一覧
  • 受験情報
  • 合格実績・体験記
  • 初めての塾選び
現在位置

ホーム > 第一ゼミナールの公開テスト(実力判定・志望校判定)

第一ゼミナールの公開テスト(実力判定・志望校判定)

第一ゼミナールの公開テスト

第一ゼミ公開テスト 今回のポイント

中学生
  • <中1生>
    小学生で学習した内容(算・国)の理解度を測定。今のうちに身につけておくべきポイントが明確に!
  • <中2・3生>
    5教科の得点に通知表の内申点をかけあわせた、入試本番に近い志望校判定が可能!
    (公立2校、私立2校まで)
    英語はリスニング問題も出題!学年スタート時の「聞く力」の確認が可能!
小学生
  • 学校では測れない総合的な学力や、中学受験のための基礎学力がわかります。
  • 中学受験をめざす小5・6生は、理科、社会を含む4教科で志望校判定が可能。
2020年度の大学入試改革に伴い、公立高校の入試問題も難化傾向にあります。英語ではリスニング「聞く」やライティング「書く」をこれまでより重視、各教科で記述式問題による読解力・表現力・判断力を問う傾向があり、それを見据え、学習内容も変わってきています。前学年の課題をしっかりとあらいだし、少しでも早くから受験に向けて万全の準備をしましょう。

各種お問い合わせ・資料請求〈無料〉

  • Webはこちら

実施概要

\クラスメイトや、部活で一緒の友だちも誘って一緒に受けよう!/
対象学年・実施教科
※2020年4月時点の学年です。
  • 小学部
    算・国(小1〜6)
  • 中学受験
    算・国(小4)
    算・国・理・社(小5・6)
  • 中学部
    国・数(中1)
    英・数・国・理・社(中2・3)
    ※中2・3生は英語のリスニング問題あり
実施会場 大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・広島県の第一ゼミナール各校
実施日時 2020/4/11(土)、2020/4/12(日)(状況により変更になる場合があります)
※校舎により実施日時が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。
持参物 筆記用具(中2・中3はコンパス・定規も要)
受験料 無料

各種お問い合わせ・資料請求〈無料〉

  • Webはこちら

ページトップ

お子さまの学年で詳しく見る

中学部
小学部

2019 トップ高合格 先輩受験者の声

中松 篤志 さん

  • 中松 篤志さん
実力を客観的に知ることができ、苦手教科・単元に集中的に取り組めたので効率的に成績を上げれた。

原田 柊香 さん

  • 原田 柊香さん
常に正確な自分の成績を把握することができ、もっとがんばろう!と思えるきっかけになった。

宮田 庸資 さん

  • 先宮田 庸資さん
テストに慣れることができたし、自分の位置を知ることができ、次の目標を立てることができた。

山口 礼華 さん

  • 山口 礼華さん
結果には前の自分との比較がはっきりと数字で表れるので、自分のがんばりや成長が確認できた。

松本 奈菜 さん

  • 松本 奈菜さん
年に5回あるので、次のテストのために目標ができ、年間を通じて勉強をがんばることができた。

大久保 花穂 さん

  • 大久保 花穂さん
テストの後のやり直しサポートがしっかりしているので、やり直しや復習の習慣が身についた。

【中学部】 志望校判定テスト

  • <新中1生の皆さんへ>
    いよいよ新学期が始まります。この時期に、自分自身の学力を理解し、あらためて復習しておくことは、小学校の内容を完全に定着させるためにも非常に大切です。このテストを活用し、積み残した課題を無くしましょう。
  • <新中2・3生の皆さんへ>
    大学入試改革に伴い、公立高校の入試問題も変化しています。例えば英語ではリスニング(聞く)やライティング(書く)がこれまでより重視されるなど、各教科で記述式問題による読解力・表現力・判断力を問う傾向が強まっています。第一ゼミの公開テストは学習の定着度、志望校への到達度を確認するだけでなく、英語のリスニングなど入試本番に向けた実践経験を積むのにも最適です。公開テストで日頃の学習成果を確認し、入試対応力を磨いていきましょう。
入試に対応した5教科合格判定で、志望校に向けた“今の課題”を明確に!
各教科の単元ごとの課題や志望校への合格可能性を明らかにします。(成績優秀者・向上者への表彰制度があります。)

中学部 個人成績表

  • 1.課題提示
    今の実力で正解できるはずの問題を提示し、取り組むべき課題を明確にします。

  • 2.偏差値・順位
    関西最大級の受験者数を誇るテストだから、現在の正確な実力がわかります。

  • 3.志望校判定
    中学生は蓄積された豊富なデータに基づき、志望校4校(公立2校・私立2校)まで判定できます。志望校選択のめやすにしていただけます。

  • 4.成績の推移
    過去に受験した結果の推移がグラフで示されるので、成績の向上度が一目でわかります。
    ※同一の会場で受験いただいた場合に限ります。

  • 5.教科・領域別分析
    領域別回答率で弱点領域がわかり、今後の課題が明確になります。

  • 6.単元別分析
    全体の正答率と比較できるので、単元ごとに自分の強み、課題がわかります。
テスト後も、一人ひとりの成績向上に向けて全力サポート!

  • テスト後は解説動画や復習用プリントをご用意!だから「できる」ようになる!
    当テストの復習用教材としてリトライアッププリント・解説動画(※)を会員サイトに掲載しております。 テストはできなかったところを復習することで、効果を発揮します。間違った問題、わからない問題はそのまま放置せず、理解・定着させることが大切です。
    「Dmate」(会員サイト)に掲載の復習教材を是非、ご活用ください。 ご希望に応じて、今後の学習方法についても詳しくアドバイスを行います。
    ※数学のみ掲載。一部の問題を除きます。

中学部 解説動画サンプル

各種お問い合わせ・資料請求〈無料〉

  • Webはこちら

ページトップ

【小学部】 実力判定テスト/中学進学準備テスト/中学受験用志望校判定テスト

  • <新小1生〜小3生>学習習慣と思考力を育む大切な時期
    学習の態度や習慣、学習方法は小学校の低学年ですでに作られ、学年が進んでも大きく変化しないと言われています。学校では測れない総合的な学力を把握するとともに、間違った問題についてはきちんとやり直しをするという習慣づくりに、このテストをぜひお役立てください。
  • <新小4生〜小6生>基礎学力を定着させ応用力を育む
    良質な問題に定期的に挑戦することで、学んだ内容が本当に自分のものになっているのかを確認することができます。新学期が始まるこの時期に、ぜひ第一ゼミの公開テストをご活用いただき、現時点での学力を確認するとともに、これからとりくむべき課題をご確認ください。
  • <中学受験>今の実力を把握することが合格への近道
    専門的な学習が必要となる中学受験では、受験する中学の入試内容や難易度を把握しながら日々の学習を進める必要があります。 中学受験の土台となる問題が多く出題されるので、受験に向けた基礎学力の定着度がわかり、入試当日に力を発揮できる入試対応力を磨くことができます。
  • 中学受験の志望校判定は小5・6生対象となります。
  • 公立中高一貫校受検の場合は「実力判定テスト」受検となります。
学校のテストでは測れない総合的な学力を把握し、“今の課題”を明確に!
これまでに蓄積してきたデータと最新の受験データに基づく正確な実力判定・志望校判定で、各教科の単元ごとの課題や志望校への合格可能性を明らかにします。 (成績優秀者・向上者への表彰制度があります。)

小学部 個人成績表

  • 1.今回の成績
    関西最大級の受験者数を誇るテストだから、現在の正確な実力がわかります。

  • 2.合格判定
    小5受験生は蓄積された豊富なデータに基づき、志望校4校(国・私立)まで判定が可能です。
    ※第4・5回は小6受験生はテスト実施なし

  • 3.成績の推移
    過去に受験した結果の推移がグラフで示されるので、成績の向上度が一目でわかります。
    ※同一の会場で受験いただいた場合に限ります。

  • 4.教科別分析
    領域別回答率で弱点領域がわかり、今後の課題が明確になります。

  • 5.設問正答率
    全体の正答率と比較できるので、単元ごとに自分の強み、課題がわかります。
学力の診断だけでなく、テスト後のアフターフォローも万全!

  • テスト後は解説動画や復習用プリントをご用意!だから、「できる」ようになる!
    当テストの復習用教材としてリトライアッププリント(個別弱点克服プリント)・解説動画(※)を会員サイトに掲載しております。 テストはできなかったところを復習することにより、効果を発揮します。間違った問題、わからない問題はそのまま放置せず、理解・定着させることが大切です。
    「Dmate」(会員サイト)に掲載の復習教材を是非、ご活用ください。 ご希望に応じて、今後の学習方法についても詳しくアドバイスを行います。
    ※一部の問題を除く、小4〜6生の算数が対象です。

小学部 解説動画サンプル

各種お問い合わせ・資料請求〈無料〉

  • Webはこちら

ページトップ

資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話でお問い合わせ
kikimimi
第一ゼミナール公式アカウント LINE@ 受験情報などお届け
運営会社についてプライバシーポリシー
(c)Withus Corp.