第一ゼミナール
トップ

第一ゼミナールの公開テスト(実力判定・志望校判定)。学習塾の第一ゼミナール

  • 第一ゼミの特長
  • 小学部(中学受験)
  • 中学部(高校受験)
  • 高等部(大学受験)
  • 個別指導
  • 各校一覧
  • 受験情報
  • 合格実績・体験記
  • 初めての塾選び
現在位置

ホーム > 第一ゼミナールの公開テスト(実力判定・志望校判定)

第一ゼミナールの公開テスト(実力判定・志望校判定)

第一ゼミナールの公開テスト
第一ゼミ公開テスト 今回のポイント
  • 通知表の評定を内申点に見立てた入試本番に近い志望校判定
  • リスニング(中1〜中3生)や国語の作文(中3生)も実施
  • 小5・6生は英語も実施
  • 年間でもっとも受験数が多いので、中3生は受験校決定の指標に
第一ゼミナールでは年に5回、学習成果を測るための公開テストを開催しています。11月は受験者数が最も多いので膨大なデータからの精確な実力・合格判定が可能です。 また、小学生の保護者の皆さまを対象とした「教育講演会」を同時開催します。 ぜひご一緒にお越しいただき、中学・高校入試についての現状と、今の入試に求められる力についての情報を得ていただければと思います。 また、公立中に進学する小5・6生は、"英語の教科化"スタートに伴い、英語も実施いたします。ぜひ当テストでお子さまの学びの成果を試してみてください。
保護者対象 教育講演
最新の中学入試・高校入試情報『今の入試に求められる力とは?』
〜本格的な勉強を始めるタイミング〜
今の中学入試・高校入試に求められる力についてお話させていただきます。 「中学入試では複数の中学校を併願できるのか?」「私立高校と公立高校はどちらがいい?」「受験勉強を始めるタイミングはいつぐらいから?」などの疑問にもお答えさせていただきます。
※内容などの詳細は、校・教室により異なります。
  • 教育講演会ご参加の方全員に「中学進学準備パーフェクトBOOK」をプレゼント!
対象学年・実施教科
  • 小学部
    小1〜4生:算・国
    小5・6生:算・国・英
  • 中学受験
    小4・5生:算・国・理・社
  • 中学部
    中1〜3生:英・数・国・理・社
    ※英語のリスニング問題あり
    ※中3生のみ国語の作文も実施
実施会場 第一ゼミナール各校
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、細心の注意を払って実施します。
実施日時 11/1(日)、11/7(土)、11/8(日)のいずれかで実施
※校舎により実施日時が異なりますので、お申込み時にご案内します。
持参物 筆記用具(中2・中3はコンパス・定規も必要です)
受験料 無料(要事前予約)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、三密を避け、少人数ごとの時間設定にするなど、細心の注意を払って実施します。 ※学校で未履修の内容が出題される場合があります。詳しくは上記テスト範囲表をご確認ください。
  • <自宅受験でお申し込みの方へ>
    11/9(月)〜14(土)の期間に校舎で問題をお渡しします。実施済答案の受付・テスト返却期間などにつきましては、ご来校時に校舎よりご案内いたします。
    ※テスト問題につきましては、一斉実施が行われる11/8(日)以前のお渡しはできません。また、優秀者一覧掲載・表彰などについては11/9(月)以降の受験者は対象外です。おそれいりますがご了承ください。
テスト受験者には個別学習相談会を実施!

テスト受験者には個別学習相談会を実施!

テストを受けた方には結果に基づき「個別学習相談会」を行います。お子さまの志望校に向けた現在の状況、何が課題か、今後の学習方法などをアドバイスさせていただきます。また、保護者の方やお子さまからのご相談にお応えすることもできます。

各種お問い合わせ・資料請求〈無料〉

  • Webはこちら

お子さまの学年で詳しく見る

中学部
小学部

【中学部】 志望校判定テスト

  • <中1・2生の皆さんへ>
    中学生の2学期はとにかく重要と言われています。
    どの学年も学習の難易度が一気にあがってきます。中1生は1学期との差が歴然としてきますし、中2生では高校入試に出題される単元が多くみられます。特に今年は学習環境が整わず気持ちが焦ることもあるかもしれませんが、まずは「今の課題」を見える化し、強み、弱みを把握することが大切です。関西最大級の模試ですので、膨大なデータからより精確な実力・合格判定が可能です。中2生は受験モードに切り替えるきっかけに!
  • <中3生の皆さんへ>
    受験生のお子さまにとっても保護者さまにとっても今年は学習環境が整いにくく、不安や心配が尽きないかとお察しいたします。そんな中でも来春に入試があることは変わりません。この本テストを、受験校選びの指標とするだけではなく、そこから見えた課題に対して、お子さま一人ひとりに“今、必要な学習はなにか”等、受験のプロからアドバイスさせていただくことも可能です。英語のリスニングや国語の作文も実施いたしますので入試本番の練習にも。少しでも万全な状態で入試を迎えていきましょう!
入試に対応した5教科合格判定で、志望校に向けた“今の課題”を明確に!
各教科の単元ごとの課題や志望校への合格可能性を明らかにします。(成績優秀者・向上者への表彰制度があります。)

中学部 個人成績表

  • 1.課題提示
    今の実力で正解できるはずの問題を提示し、取り組むべき課題を明確にします。

  • 2.偏差値・順位
    関西最大級の受験者数を誇るテストだから、現在の精確な実力がわかります。

  • 3.志望校判定
    中学生は蓄積された豊富なデータに基づき、志望校4校(公立2校・私立2校)まで判定できます。5教科の得点に通知表の内申点をかけ合わせた、入試本番に近い判定が可能です。(通知表などの内申点が確認できない場合は公開テストの得点のみで判定となります)

  • 4.成績の推移
    過去に受験した結果の推移がグラフで示されるので、成績の向上度が一目でわかります。
    ※同一の会場で受験いただいた場合に限ります。

  • 5.教科・領域別分析
    領域別回答率で弱点領域がわかり、今後の課題が明確になります。

  • 6.単元別分析
    全体の正答率と比較できるので、単元ごとに自分の強み、課題がわかります。
テスト後も、一人ひとりの成績向上に向けて全力サポート!自宅で復習・定着も!

  • テスト後は解説動画や復習用プリントをご用意!だから「できる」ようになる!
    当テストの復習用教材としてリトライアッププリント・解説動画(※)を会員サイトに掲載しております。 テストはできなかったところを復習することで、効果を発揮します。間違った問題、わからない問題はそのまま放置せず、理解・定着させることが大切です。
    「Dmate」(会員サイト)に掲載の復習教材を是非、ご活用ください。 ご希望に応じて、今後の学習方法についても詳しくアドバイスを行います。
    ※数学のみ掲載。一部の問題を除きます。

中学部 解説動画サンプル

各種お問い合わせ・資料請求〈無料〉

  • Webはこちら

ページトップ

【小学部】 実力判定テスト/中学受験用志望校判定テスト

  • <小1生〜小5生の皆さんへ>
    今年は学校休校期間が長期にわたり、学習環境が整いにくい状況かと思います。
    2学期は学習内容も難しくなり差がつきやすいとも言われています。焦ることもあるかもしれませんが、構えすぎずにまずは“今の力”を知ることから始めてみませんか。
    また教育改革を受け、学習内容や対策が難化傾向にあります。小5・6生の「英語の教科化」もスタートし、英語は中学からという常識が通用しなくなる等、変化も大きいので、是非この機会に教育講演会にもご参加くださいませ。
  • <小6生の皆さんへ>
    今年は学習環境が整いにくい状況ということもあり、小学校の学習の定着はもちろん、少し先を見据えた学習が重要となってきます。この時期に“今すべきことは何か?”を理解することが、中学で好スタートをきる上で求められてきます。英語実施もありますが、構えずに“力試し”と捉え、チャレンジしてみてください。
    また、テストと同時開催の教育講演会にもぜひご参加くださいませ。教育講演会ご参加の方全員に中学進学準備パーフェクトBOOKをプレゼントいたします。
  • <中学受験に向けて勉強中の皆さんへ>
    専門的な学習が必要となる中学受験では、志望中学校の入試内容や難易度を把握しながら日々の学習を進める必要があります。中学受験の土台となる問題が多く出題されるこのテストを活用し、受験に向けた基礎学力の定着度を確認するとともに、入試当日に力を発揮できる入試対応力を磨いていただければと思います。受験校選びのめやすにもご活用ください。
  • 中学受験の志望校判定は小5生対象となります。
  • 公立中高一貫校受検の場合は「実力判定テスト」受検となります。
学校のテストでは測れない総合的な学力を把握し、“今の課題”を明確に!
これまでに蓄積してきたデータと最新の受験データに基づく精確な実力判定・志望校判定で、各教科の単元ごとの課題や志望校への合格可能性を明らかにします。 (成績優秀者・向上者への表彰制度があります。)

小学部 個人成績表

  • 1.今回の成績
    関西最大級の受験者数を誇るテストだから、現在の精確な実力がわかります。

  • 2.合格判定
    小5受験生は蓄積された豊富なデータに基づき、志望校4校(国・私立)まで判定が可能です。

  • 3.成績の推移
    過去に受験した結果の推移がグラフで示されるので、成績の向上度が一目でわかります。
    ※同一の会場で受験いただいた場合に限ります。

  • 4.教科別分析
    領域別回答率で弱点領域がわかり、今後の課題が明確になります。

  • 5.設問正答率
    全体の正答率と比較できるので、単元ごとに自分の強み、課題がわかります。
やり直しサポートも充実。自宅で復習・定着も!

  • テスト後は解説動画や復習用プリントをご用意!だから、「できる」ようになる!
    当テストの復習用教材としてリトライアッププリント(個別弱点克服プリント)・解説動画(※)を会員サイトに掲載しております。 テストはできなかったところを復習することにより、効果を発揮します。間違った問題、わからない問題はそのまま放置せず、理解・定着させることが大切です。
    「Dmate」(会員サイト)に掲載の復習教材を是非、ご活用ください。 ご希望に応じて、今後の学習方法についても詳しくアドバイスを行います。
    ※一部の問題を除く、小4〜6生の算数が対象です。

小学部 解説動画サンプル

各種お問い合わせ・資料請求〈無料〉

  • Webはこちら

ページトップ

資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話でお問い合わせ
kikimimi
第一ゼミナール公式アカウント LINE@ 受験情報などお届け
運営会社についてプライバシーポリシー
(c)Withus Corp.