第一ゼミナール
トップ

ここが変わる!大阪府公立高校入試制度<2018年度に向けて>。学習塾の第一ゼミナール

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求

  • 第一ゼミの特長
  • 小学部(中学受験)
  • 中学部(高校受験)
  • 高等部(大学受験)
  • 個別指導
  • 各校一覧
  • 受験情報
  • 合格実績・体験記
  • 初めての塾選び
現在位置

ホーム > 受験情報 > ここが変わる!大阪府公立高校入試制度<2018年度に向けて>

ここが変わる!大阪府公立高校入試制度<2018年度に向けて>

調査書は「絶対評価」となり、中3以外の成績も評価対象に

調査書の評価対象学年が拡大
  • 2018年度入試以降
    中3:中2:中1=3:1:1で評価(中1・中2での成績が評定の40%を占める)
調査書(内申)は「絶対評価」
  • 9教科を同等にあつかう、5段階の絶対評価。
  • 調査書に「活動/行動の記録」欄を設置。

統一入試日「一般選抜」と文理学科の拡充

  • 2018年度は実技のある一部学科を除き、一般選抜を3月12日(月)に実施。
  • 複数学科のある高校を受験する場合、「第一志望:国際教養科」、「第2志望:普通科」のような出願が可能。
  • 2018年度入試以降、北野高校・天王寺高校に続き、文理学科設置8高校(※)も 文理学科のみの募集に!
    ※豊中高校・茨木高校・大手前高校・四條畷高校・高津高校・生野高校・三国丘高 校・岸和田高校

合格者選抜方法

  • 原則すべての高校・学科で「学力検査」は5科実施。
  • 国語・数学・英語は「基礎」「標準」「発展」の3レベルから、各高校が問題を選択。
  • 2018年度入試以降、一般選抜の英語C(発展)問題の「読む・書く」の出題は50%以上になり、問題文もすべて英語に。
  • 「学力検査」と「調査書」の比率を、各公立高校が「7:3」、「6:4」、「5:5」、「4:6」、「3:7」の5パターンから選択。 上位校では「学力検査:調査書=7:3」を選択することが標準となり、調査書の比率が下がるため、5科の重要性がさらにアップ。
  • 大阪府教育委員会より提示されるテーマに沿って「自己申告書」を提出。
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
お電話でお問い合わせ
kikimimi
第一ゼミナール公式アカウント LINE@ 受験情報などお届け
第一ゼミナール公式facebookページ
運営会社についてプライバシーポリシー
(c)Withus Corp.