第一ゼミナール
トップ

デジタル時代になぜそろばん?アナログだからこそ育つチカラに注目!|ちょっと聞いてほしい教育サイト kikimimi

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求

  • 第一ゼミの特長
  • 小学部(中学受験)
  • 中学部(高校受験)
  • 高等部(大学受験)
  • 個別指導
  • 各校一覧
  • 受験情報
  • 合格実績・体験記
  • 初めての塾選び

カテゴリを選ぶ

デジタル時代になぜそろばん?アナログだからこそ育つチカラに注目!

小学生の学び

そろばん

ここ数年、そろばん人気が再び高まっています。速く正しい計算結果を得るだけなら機械任せで十分なはずです。複雑な計算も手入力ひとつで簡単にできてしまうデジタル時代に、どうしてアナログの代表格のようなそろばんが改めて注目を集めているのでしょう。秘密は、そろばん本来の目的である正しく計算する技術を習得する過程で身につく、すごいチカラにありました!

 

計算力だけじゃない!そろばんで身につくチカラ

  • 観察のチカラ

計算を進める上で欠かせないのは数字を正しく認識することです。いくら素早く正確に計算したところで、前提となる数字がまちがっていたら台なしです。一つのミスも許されないという状況で計算トレーニングをくり返していると、一つひとつの数字を注意深く読み取る能力が自然と磨かれていきます。子どもはたくさんの計算をくり返すなかで、数の仕組みを体でおぼえながら習得していきます。徹底的に数字を観察して数字に向き合う経験は、将来の学習にも大いに役立つ自信になります。

  • イメージのチカラ

一般的に計算をするときは、言語や論理的思考の分野をつかさどる左脳を使います。ところがそろばんの有段者が暗算をしているときには、イメージなど感覚的な分野をつかさどる右脳が活発になっているという研究報告があります。たとえば55×25を計算するのに、一般の人が5かける5が25で・・・と言語化して計算している間に、そろばん有段者は一瞬のうちにイメージのそろばんの珠(たま)を弾(はじ)いて、ほぼ直感的に計算を完了してしまいます。計算を右脳で処理するパターンを完全に自分のものにしているからこそできる芸当ですね。

  • 記憶のチカラ

そろばんでの暗算は、前述の右脳で処理した膨大な答えのパターンの記憶によって成り立っています。そのため、そろばんでトレーニングした答えのパターンは直観像として長く記憶にとどまります。一般的に左脳を使った記憶は短期間で忘れてしまうことが多いのですが、右脳を使った直観像の記憶は長い期間失われないといわれています。記憶方法に他の人が持っていない引き出しができるというだけでも、大きなアドバンテージとなるでしょう。

shutterstock_546129427

  • 集中のチカラ

脳のはたらきを強調しましたが、一目瞭然、そろばんの最大の特徴は使う道具であるということです。計算する桁(けた)が多くなるほど、指先操作の数も増えます。速く正確にインプットとアウトプットの作業をとめどなくくり返すこの作業には、集中力が欠かせません。たった一つのミスも許されないという緊張のなかでのトレーニングは、集中力を養うのに大いに役立ちます。

  • 情報処理のチカラ

集中力と重複になりますが、早く正確にインプットとアウトプットを行う訓練は、必要な情報を素早く把握して処理する能力を鍛えます。ここで身につけた情報処理能力は、どの教科にでも応用が効く強力な武器となり、学習全般によい影響をもたらします。

  • 速聴読のチカラ

そろばんには「読み上げ算」があるというのはご存知でしょう。次々と読み上げられる問題を即座に聴き取って計算していくこの方法は、速聴のトレーニングにもつながります。それと同時に、数字の並びをブロックとして認識していく速読のチカラも自然と鍛えられていきます。

そろばんは完成度の高い習い事

技術や計算力以外にも、そろばんを学ぶメリットはたくさんあるということをご紹介しました。ほかの教科にも役立つだけでなく、社会に出てからも活かされる一生もののチカラを培うという意味でも、そろばんはとても完成度の高い習い事です。

 

天王寺でも開講決定!大阪府内の第一ゼミナール・パシードで続々開講!

「いしど式そろばん」

https://www.passeed.net/event/event_ishido.html

  • 0
  •  

生徒第一…だから第一ゼミナール公式サイトトップ

生徒第一…だから第一ゼミナール公式サイトトップ

お問い合わせ・資料請求
お電話でお問い合わせ
運営会社についてプライバシーポリシー
(c)Withus Corp.