ちょっと聞いてほしい教育サイト

kikimimi

勉強に大切なのは才能 or 努力?

60-1

 

勉強ができる子の親が一流大学出身であると聞くと、「やっぱり頭のできが違うから」と思ってしまいがち。
ですが、本当に成績や頭のよし悪しは、生まれ持った才能で決まってしまうのでしょうか?

知能が「遺伝で決まるか、環境で決まるか」という問題については、学術的にも長く議論されてきました。それが近年では、「遺伝と環境の両方によって決まる」という考え方が主流となり、研究の結果、ついにその割合が明らかになったのです。

 
 
 

知能の50%は遺伝で決まる

 

知能と遺伝子の関係を解明するにあたり、鍵となるのが双生児の研究です。

一卵性双生児は100%同じ遺伝子を持ち、同じ家庭で育つため、幼児教育や学習環境といった生育環境もほぼ同じ。

一方、二卵性双生児の場合、生育環境はほぼ同じですが、遺伝子は50%しか共有しません。
つまり、一卵性双生児と二卵性双生児を比較したとき、知能の一致度に違いがあれば、それは遺伝子の影響だということになります。その考え方をもとに、遺伝と環境が知能に影響する割合を調べるのです。

研究の結果、遺伝子が知能指数(IQ)に関与する割合は、約50%であると判明。

すなわち、子どもの知能の約50%は、親からの遺伝子に左右されることになります。

 
 
 

残り50%を決めるのは?

 

知能指数(IQ)と同じく、学力についても、50%程度は遺伝の影響だといわれています。
ですが、50%が遺伝で決まるなら、残りの50%はそれ以外の影響で決まるということ。具体的には、幼児教育、学習環境、勉強方法、勉強量などが挙げられます。

 

つまり、成績や頭のよし悪しは、生まれ持った才能のみによって決まるのではなく、成長過程によって決まる部分も多くあります。ですから、幼児教育や学習環境が子どもの将来を大きく左右するといえます。

 

子どもの学力を伸ばすためには、親の学歴や子どもの才能にかかわらず、子ども本人がきちんと学習に取り組むことと、周囲の大人が適切な指導を行うことが大切です。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

読まれている記事ランキング

MV

子どもの明るい未来のために。今後学校教育はこう変わる!

文部科学省が約4年前に発表した「次世代の学校指導体制強化のためのタスクフォース」の検討結果最終まとめ。これは、学校教育現場の現状を踏まえたうえで、次世代の学校に...

  • 小学生
朝食を食べる母と娘

1日のスタートは朝ごはんから!子どもに最適な朝ごはんとは?

子どものやる気アップや学習の伸びをサポートするために、ぜひ身に付けたい習慣があります。 それは、「朝ごはんを食べる習慣」。 朝ごはん...

  • 小学生
69-1

夏休みの読書感想文「課題図書」と「自由図書」どちらが有利?

夏休みの恒例行事ともいえる「青少年読書感想文全国コンクール」。 毎年課題図書が発表されますが、それ以外の本を読んで書いた読書感想文でも応募できることを...

  • 小学生
先生とガッツポーズする男の子

【中学受験の頻出問題】解き方のコツを知れば楽しく取り組める

中学受験の入試問題を見て、「えっ、こんなに難しいの!?」と思ったことはありませんか。 私立・公立中高一貫校中学の入試問題では、小学生が学校で習うも...

  • 小学生
赤いペンで勉強する男の子

褒め方ひとつで勉強のやる気が変わる!褒め方のコツ

子どもの勉強のやる気を引き出すというのは、とても大変なこと。勉強に身が入らない子どもには、ついつい口うるさく「勉強しなさい」、「宿題もうやったの?」と言いた...

  • 小学生

第一ゼミのコース

  • 2月1ヵ月無料
  • 新中1準備講座
  • 学年末テスト<br />得点アップ講座
  • Positive<br />Learning
  • 富田林中学校<br />適性検査分析報告会
  • ことばのチカラ<br />オンラインセミナー
  • イード受賞

第一ゼミの注目イベント

成績向上・志望校合格のキッカケになる!
お子さまに合わせた学習アドバイス実施中☆

第一ゼミナール 写真
生徒第一!第一ゼミナールは一人ひとりの生徒に寄り添い、成績向上・第一志望校合格を45年にわたり実現してきました。お子さまに合わせたやる気の出させ方・学習法、地域の教育情報、最新受験情報など、教育のプロによる無料学習相談を実施中です。

お問い合わせ専用 受付時間 10:00~19:00

0120-949-189

お近くの教室を探す
学年からコースを探す