ちょっと聞いてほしい教育サイト

kikimimi (キキミミ)ちょっと聞いてほしい教育サイト

勉強に大切なのは才能 or 努力?

 

勉強ができる子の親が一流大学出身であると聞くと、「やっぱり頭のできが違うから」と思ってしまいがち。ですが、本当に成績や頭のよし悪しは、生まれ持った才能で決まってしまうのでしょうか?

 

知能が「遺伝で決まるか、環境で決まるか」という問題については、学術的にも長く議論されてきました。それが近年では、「遺伝と環境の両方によって決まる」という考え方が主流となり、研究の結果、ついにその割合が明らかになったのです。

知能の50%は遺伝で決まる

 

知能と遺伝子の関係を解明するにあたり、鍵となるのが双生児の研究です。一卵性双生児は100%同じ遺伝子を持ち、同じ家庭で育つため、幼児教育や学習環境といった生育環境もほぼ同じ。

 

一方、二卵性双生児の場合、生育環境はほぼ同じですが、遺伝子は50%しか共有しません。

 

つまり、一卵性双生児と二卵性双生児を比較したとき、知能の一致度に違いがあれば、それは遺伝子の影響だということになります。その考え方をもとに、遺伝と環境が知能に影響する割合を調べるのです。研究の結果、遺伝子が知能指数(IQ)に関与する割合は、約50%であると判明。

 

すなわち、子どもの知能の約50%は、親からの遺伝子に左右されることになります。

 

 

残り50%を決めるのは?

 

知能指数(IQ)と同じく、学力についても、50%程度は遺伝の影響だといわれています。

 

ですが、50%が遺伝で決まるなら、残りの50%はそれ以外の影響で決まるということ。具体的には、幼児教育、学習環境、勉強方法、勉強量などが挙げられます。

 

つまり、成績や頭のよし悪しは、生まれ持った才能のみによって決まるのではなく、成長過程によって決まる部分も多くあります。ですから、幼児教育や学習環境が子どもの将来を大きく左右するといえます。

 

子どもの学力を伸ばすためには、親の学歴や子どもの才能にかかわらず、子ども本人がきちんと学習に取り組むことと、周囲の大人が適切な指導を行うことが大切です。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

小学生向け読まれている記事ランキング

第一ゼミのピックアップ

  • 11月特別体験授業
  • 11月入会特典
  • 和泉中央校リニューアル
  • 11/14OL保護者セミナー
  • 11/28OL保護者セミナー
第一ゼミナール 写真

成績向上・志望校合格のキッカケになる!
お子さまに合わせた学習アドバイス実施中☆

生徒第一!第一ゼミナールは一人ひとりの生徒に寄り添い、成績向上・第一志望校合格を45年にわたり実現してきました。お子さまに合わせたやる気の出させ方・学習法、地域の教育情報、最新受験情報など、教育のプロによる無料学習相談を実施中です。
お近くの教室を探す
学年からコースを探す