第一ゼミナール
トップ

高校受験の勉強っていつから、どうやって始める?|ちょっと聞いてほしい教育サイト kikimimi

生徒第一…だから 第一ゼミナール

資料請求

  • 第一ゼミの特長
  • 小学部(中学受験)
  • 中学部(高校受験)
  • 高等部(大学受験)
  • 個別指導
  • 各校一覧
  • 受験情報
  • 合格実績・体験記
  • 初めての塾選び

カテゴリを選ぶ

高校受験の勉強っていつから、どうやって始める?

中学生の学び

模試の成績表

 

大手通信教育企業の調査によると、中学生の通塾率は、1年生で約60%、2年生で約70%、3年生で80%と、進級するに連れて高くなっています。

 

また、高校受験に関する意識調査でも、2年生までに高校受験を意識し始める子どもが13%未満なのに対し、3年生のはじめには26%と倍以上の数値となっています。このことから、多くの中学生が高校受験の勉強に取り組みだすタイミングは、3年生への進級時であることが分かります。

 

しかし、3年生から本格的に受験勉強を始める子どもは、それ以前の時期から受験勉強を始めている子どもよりも遅れをとる場合があります。

また、1年生や2年生のとき、宿題や定期テストでしか家庭学習をしていなかった子どもが3年生になって受験勉強に取り組もうとすると、「勉強の仕方がわからない」「どこから勉強したらいいのかわからない」という問題にも直面しがちです。

 

そこで今回は、学年別に、高校受験勉強の始め方と学習ポイントについてご紹介します。

1年生から始める高校受験対策

勉強する中学1年生

 

中学1年生は、学習教科や学習内容、部活動なども含めた生活サイクル全般が、小学生の頃とは大きく変わって、とまどいがちです。また、3年間における各教科の基礎を学習するため、1年生でつまずいた内容は、2年生、3年生でもつまずくことが多く、後々まで足を引っ張る原因となります。

 

そこで重要となるのが、「予習・復習の習慣をつけること」「自分なりの勉強方法を確立すること」です。

予習・復習はこれからの学習の基礎でもあるため、この時期に予習・復習の習慣をつけ、自分なりの勉強方法が確立できれば、今後、子どもが「勉強の方法がわからない」「どこから勉強したらいいかわからない」といった問題に直面することもないでしょう。

2年生から始める高校受験対策

中学校の授業風景

 

2年生は、部活動などの学校生活が中心になる時期で、勉強がもっとも手薄になりがちな学年です。

一方で、高校入試で出題される問題の多くは、2年生での学習単元といわれています。

 

2年生での学習内容を完全に理解・定着できるように、まずは1年生の学習内容の復習から始めましょう。

1・2年生の学習内容を復習し、完全に理解・定着させることで、3年生から本格化する受験勉強をより効率的に、余裕を持って取り組むことができます。

3年生から始める高校受験対策

勉強する中学3年生

 

冒頭でもご紹介した通り、3年生になると多くの子どもが高校受験を意識し始めるようになります。

 

高校受験では、1・2年生で学習した内容と3年生の1学期で学習した内容から、70%程度出題されます。

まずは、これまで学習した内容の復習からはじめましょう。

夏休みを利用して、基礎・基本をしっかりとおさらいしておくことが重要です。秋から冬にかけては、出来るだけたくさんの問題集を解き、発見した弱点はひとつずつ確実につぶしていきましょう。冬休み頃からは、志望校の過去問を中心に取り組みましょう。

 

入試は1日に3教科ないし5教科の試験を実施します。学校が休みの日などに、本番と同じ時間設定で、過去問や模試の問題を使って“リハーサル”をすることもおすすめです。

 

 

高校の受験勉強の開始時期に正解はありませんが、できるだけ早くから行きたい高校を具体的にイメージし、その高校へ入学するにはどれくらいの学力が必要かを意識させる必要があります。

「志望校に入学するには5教科400点以上は必要」というふうに、常に点数を意識させましょう。具体的な目標ができれば、子どもの学習への意欲も高まります。

 

学年を問わず、子どもが自ら受験勉強に取り組む姿勢こそが、受験勉強には必要不可欠です。

 

■今後の高校入試に完全対応!「第一ゼミ3つの指導の柱」

http://www.daiichisemi.net/education-innovation/

 

  • 0
  •  

生徒第一…だから第一ゼミナール公式サイトトップ

生徒第一…だから第一ゼミナール公式サイトトップ

お問い合わせ・資料請求
お電話でお問い合わせ
運営会社についてプライバシーポリシー
(c)Withus Corp.