ちょっと聞いてほしい教育サイト

kikimimi (キキミミ)ちょっと聞いてほしい教育サイト
kikimimi (キキミミ)ちょっと聞いてほしい教育サイト

【公立中高一貫校】国際バカロレア認定コース開設!大阪市立水都国際中学校・高等学校

【公立中高一貫校】国際バカロレア認定コース開設!大阪市立水都国際中学校・高等学校

 

首都圏ではすでに24校が開校している公立中高一貫校。大阪府でも近年、公立中高一貫校の開校が続いています。

 

2019年4月、新たに大阪市立水都国際中学校・高等学校が開校します。この学校は、国際的教育プログラム「国際バカロレア」の手法を取り入れた教育実践の拠点校としての位置づけ。2018年2月の学校説明会には定員の400名を大幅に上回る参加申し込みが殺到するなど、すでに大きな注目を集めています。

■大阪府が目指す次世代教育とは?重要キーワード「国際バカロレア」とは?

A

 

「国際バカロレア」は、スイスのジュネーブに本部を置く教育機構「国際バカロレア機構」が提供する国際的な教育プログラムです。

 

1968年に設定されたこのプログラムの目指すところは、国際的な視野を持った人材の育成です。そのなかで、独自の教育プログラムを作成し、プログラムを修了した者には国際的に通用する大学入学資格として「国際バカロレア資格」を与え、世界の大学進学へのルートを確保しています。

 

教育プログラムは、対象年齢に応じて「プライマリー・イヤーズ・プログラム」「ミドル・イヤーズ・プログラム」「ディプロマ・プログラム」「キャリア関連プログラム」の4つに分けられています。

 

16~19歳を対象とした「ディプロマ・プログラム」の履修後に最終試験があり、この試験での成績が水準を満たせば、「国際バカロレア資格」を取得でき、世界100カ国以上、20,000校以上の大学の入学資格・受験資格が得られます。

 

2017年6月1日の時点で国際バカロレアを実施している学校は、世界140以上の国と地域で4,846校。日本では、2013年に閣議決定されたテーマ「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」のもとに、国際バカロレアの教育プログラムを実施する学校が増えてきています。

 

 

■大阪市立水都国際中学校・高等学校って、どんな学校?

B

 

この国際バカロレア ディプロマ・プログラムの導入を予定しているのが、2019年4月に開校予定の大阪市立水都国際中学校・高等学校です。大阪市が設置、大阪YMCAが管理運営を手がける全国初の公設民営中高一貫校として、とても大きな関心を集めています。

 

学校の特色は主に3つ。

1.中高ともに、英語を母国語とする教員が英語授業を担当すること

2.中高ともに、国語以外の一部の教科においても専任外国人教員による英語を用いた授業を実施すること

3.高校のカリキュラムでは、国際バカロレア ディプロマ・プログラムを実施すること

 

これらの教育プログラムを通して、国際社会でリーダーシップを発揮して活躍できる人材、これからの大阪府の経済を牽引できる人材の育成が目指されます。

 

【学校情報】

<学校名> 大阪市立水都国際中学校・高等学校
<開校時期> 2019年4月
<所在地> 大阪市住之江区南港中2-7-18

 

公立中高一貫校としても、国際バカロレアの実施校としても、次世代教育の期待を背負う大阪市立水都国際中学校・高等学校。来春からいよいよ1期生が入学し、今後の動向がますます注目されます。

 

▼水都国際中学受検対策コースが開講!
公立中高一貫校に強い第一ゼミが合格に向けた万全指導

http://www.daiichisemi.net/elementary/suito.html

 

 

■ほかにもある!大阪府内の公立中高一貫校は?

大阪市立水都国際中学校・高等学校のほかにも、大阪府には現在2校の公立中高一貫校がありますので、簡単にご紹介しましょう。

 

●大阪府立富田林中学校

大阪府立富田林中学校は、大阪府立としてはじめて設置された中高一貫校です。もともとあった富田林高校に、2017年4月から富田林中学校が併設され、中高一貫での教育が実施されることとなりました。

富田林中学校についての詳細は、こちらの記事をご覧ください。(記事へのリンクを設置)

【公立中高一貫校】大阪府立では初の中高一貫校!大注目&高倍率の富田林中学校

 

【学校情報】

<学校名> 大阪府立富田林中学校
<開校時期> 2017年4月
<所在地> 〒584-0035大阪府富田林市谷川町4-30

 

▼2年連続合格者数№1!第一ゼミナールの「富田林中学校受検対策コース」

https://www.daiichisemi.net/elementary/tondabayashi.html

 

●大阪市立咲くやこの花中学校

大阪市立咲くやこの花中学校は、2008年に大阪市内で唯一の併設型中高一貫教育校として誕生しました。6年間の一貫教育により、ものづくり(理工)やスポーツ・言語・芸術(美術・デザイン)などの才能を計画的かつ継続的に伸ばすことを目標にしています。

 

教育カリキュラムとしては、週32時間の授業の実施によって基礎学力の確実な定着を図るほか、少人数指導・体験学習、勉強合宿など、学力向上のための取り組みも多数なされています。

そのほか、部活動も盛んで、生徒全員が分野ごとに設けられた何らかの部活動に参加。その成果は、数々の大会やコンクールなどで発揮されています。

 

【学校情報】

<学校名> 大阪市立咲くやこの花中学校
<開校時期> 2008年4月
<所在地> 〒622-0004大阪府大阪市此花区西九条6-1-44

 

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

小学生向け読まれている記事ランキング

子どもの明るい未来のために。今後学校教育はこう変わる!

文部科学省が約4年前に発表した「次世代の学校指導体制強化のためのタスクフォース」の検討結果最終まとめ。これは、学校教育現場の現状を踏まえたうえで、次世代の学校に...

先生とガッツポーズする男の子

【中学受験の算数問題】解き方のコツを知れば楽しく取り組める

中学受験の入試問題を見て、「えっ、こんなに難しいの!?」と思ったことはありませんか。私立・公立中高一貫校中学の入試問題では、小学生が学校で習うものとはひと味違っ...

【2022年版】大阪府立富田林中学入試「適性検査」を徹底分析!

富田林中学は、府立初の公立中高一貫校として開校し、今年で6回目の入試となりました。毎年倍率も高く、人気を集める富田林中ですが、2022年の入試「適性検査」の倍率...

どうして4月1日は早生まれ?

4月1日と聞いて、どんなことを連想しますか?エイプリルフール、新年度スタート、今年なら新元号発表の日だったことなど、いろいろなことが挙げられることでしょう。中に...

夏休みの読書感想文の書き方!「課題図書」と「自由図書」どちらが有利?

夏休みの恒例行事ともいえる「青少年読書感想文全国コンクール」。 毎年課題図書が発表されますが、それ以外の本を読んで書いた読書感想文でも応募できることをご存...

第一ゼミのピックアップ

  • 新入会生募集
  • 夏のスタートアップ講座
  • 中3文理 10高合格ゼミ
  • 長文読解・リスニングゼミ
第一ゼミナール 写真

成績向上・志望校合格のキッカケになる!
お子さまに合わせた学習アドバイス実施中☆

生徒第一!第一ゼミナールは一人ひとりの生徒に寄り添い、成績向上・第一志望校合格を45年にわたり実現してきました。お子さまに合わせたやる気の出させ方・学習法、地域の教育情報、最新受験情報など、教育のプロによる無料学習相談を実施中です。
お近くの教室を探す
学年からコースを探す
第一ゼミ公開テスト