ちょっと聞いてほしい教育サイト

kikimimi (キキミミ)ちょっと聞いてほしい教育サイト

模擬テストの真価は受けた後の活用にあり!

MV

 

模擬テストの結果を確認するとき、必ず目をやるのが偏差値や志望校判定の結果。ですが、テストを受けるたびに「やった、前より偏差値が上がった!」「この偏差値だと志望校に届かない」と一喜一憂しているようでは、思うように成績は上がりません。

 

「それじゃあどうすればいいの?」ということで、今回は成績アップに直結する模擬テスト結果の活用術をご紹介していきましょう!

「腕試しの場」というのはカン違い!

模擬テストの受験をためらう人がいますが、理由を聞いてみると、「もっと実力をつけてから受ける」という答えが返ってきます。しかし、これは的外れな思い込み。模擬テストは腕試しの場ではなく、自分がそれまでに学習してきた内容の定着度を測定する機会なのです。

 

つまり、自分が「勉強してきた範囲」で「どれくらい理解できているのか」を確認するのが、模擬テストを受ける目的です。裏を返せば、勉強が追いついていない範囲、勉強したのに不正解になった範囲を知ることができるということ。これをうまく活用しない手はありません。

 

 

自分の不正解パターンを分析しよう

模擬テストの結果が返ってきて最初に取りかかるべきこと。それは、偏差値や志望校判定の確認だけで終わらせず、不正解だった問題のリトライと復習です。

 

「それくらいはやっている」という人がよくいますが、模擬テストで間違った問題だけをやり直している人が多いのが実状。残念ながらこれでは、せっかく成績を伸ばせる機会をみすみす見逃しているようなもの。

 

成績アップにつながる質の高い学習は、リトライをしてからが本番です。まずはリトライで何が理解できていなかった結果、不正解になったのかを分析することから始めてみましょう。いくつかのパターンが出てくるはずです。

 

1

 

〈知識はあったのにうまく使えなかったパターン〉

模擬テストのときには出てこなかった解き方や公式が、リトライをしてみると思い出せたという場合は、スキルが使いこなせていないパターンです。参考書や問題集・プリントでその範囲を再確認し、演習問題をいくつも解いて定着を図りましょう。

 

〈知識不足パターン〉

模擬テストで不正解、リトライをやっても正解できなかった問題は、塾の先生などに考え方を教えてもらい、ノートに書き残しておきましょう。後で類題をくり返し解いて苦手を克服する努力をするのが一番ですが、模擬テストで間違ったということは、自分が理解しにくい分野や単元だということです。書きとめておけば、そのうちに自分だけの弱点確認チェックになることでしょう。

 

〈まだ学習していない範囲だったパターン〉

これはできなくて当たり前なので、点数をとれなかったことを気にする必要はありません。間違った問題を把握しておいて、学校や塾でその範囲を学ぶ際に「今度は間違えない」と意識して取り組めばいいでしょう。

 

2

 

 

模擬テストを学習のペースメーカーにして弱点克服

よい点数がとれる教科と、そうではない教科が誰にでもあります。ついつい得意な教科の学習に時間を使いがちになってしまうところですが、ここまで読み進めてチェック機能としての模擬テストの価値を理解しているあなたなら、どちらの学習に重点をおいた方がより高得点をとれるかわかるはずです。

 

最後にもう一度だけ確認しておきましょう。模擬テストは腕試しのためではなく、学習の理解度や定着度を測定する場です。定期的に行われる模擬テストを学習のペースメーカーとして効果的に使って着実に弱点を補強していけば、必ず偏差値や志望校判定の結果もついてくるはずです。

【全学年無料】総合的な学力を把握し、“今の課題”を明確に!やり直しサポートも充実!

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

読まれている記事ランキング

マスクをした女子中学生トリオ

高校受験のインフルエンザ対策!予防接種はいつ受けるのがベスト?

高校受験では勉強や生活面でさまざまな対策を行いますが、何より気をつけたいのが体調管理です。高校受験シーズンは、気温も湿度も下がって風邪をひきやすい時期。...

  • 中学生
授業を聞く女子中学生

大阪府公立高トップ10校の「文理学科」合格に必要な力とは

大阪府立高校の文理学科がスタートした2011年度。2019年の入試からは、大阪府公立高校の中でも大学進学実績の高いトップ10校のうち、すでに文理学科のみ...

  • 中学生
女性教師と女子中学生たち

大阪府の入試が変わる!内申の評価方法、評価対象学年の変更とは?

2016年以降の大阪府公立高校入試制度が大きく変わりました。なかでも、重要な変更点といえるのが、内申に関すること。評価方法や記載内容が変わり、評価対象学...

  • 中学生
授業を聞く生徒

2017年度、大阪府公立高校入試はここが変わる!

毎年少しずつ変わる、大阪府の高校入試制度。もちろん、2017年度(平成29年度)の大阪府公立入試制度にも変化があります。今回は、2017年度の大阪府公立高校入試...

  • 中学生
37-1(メインビジュアル)

2022年、高校の授業に新科目導入。「歴史総合」とは?

高校の歴史教育が、大きな転換の時期を迎えようとしています。文部科学省は、2022年を目標に、「歴史総合」という新科目を必修科目として導入すると決定しまし...

  • 中学生

第一ゼミのピックアップ

  • 2週間無料体験
  • 定期テスト得点アップ講座
  • 公中アタックテスト
  • 5/29速読オンラインイベント
  • 新・英検チャレンジコース
第一ゼミナール 写真

成績向上・志望校合格のキッカケになる!
お子さまに合わせた学習アドバイス実施中☆

生徒第一!第一ゼミナールは一人ひとりの生徒に寄り添い、成績向上・第一志望校合格を45年にわたり実現してきました。お子さまに合わせたやる気の出させ方・学習法、地域の教育情報、最新受験情報など、教育のプロによる無料学習相談を実施中です。
お近くの教室を探す
学年からコースを探す