ちょっと聞いてほしい教育サイト

kikimimi

子どもの失敗・挫折を成長のチャンスに!そのとき親にできることとは

62-1

 

小学校時代にはそんなにがんばって勉強しなくても成績がよかったのに、中学生になったら急に勉強についていけなくなって成績が下がってしまった……。

 

小学校の勉強と中学校の勉強とでは学習の範囲や難易度が異なるため、中学校に入って勉強でつまずいてしまう子どもが実は多いのです。こういった場合、子どもは大きな挫折感を抱き、自分に対する自信をなくしてしまうことになります。

 

そこで今回は、挫折を挫折のままにせず、成長のチャンスに変える方法について考えていきましょう。ここであきらめてしまうか、成長のチャンスに変えられるか、その差がお子さんの将来を変えるかもしれません。

 

 

才能・能力をほめるのは危険!?

62-2

 

お子さんに対して、「あなたは頭がいいのよ」「あなたは賢い子だから」などというほめ方をしていませんか?

もし、日頃からこういったほめ方をしているのであれば、それはちょっと考えものです。

 

なぜなら、これらの言葉は才能や能力についてほめているものだから。
このような言葉を日常的にかけられている子どもは、自分自身の才能や能力に対して一方的に過信してしまうようになります。

そのため、何かひとつ失敗をしたときに、その子どもは自分自身の素質を否定されたような気持ちになり、「自分はだめだ、自分はできない子だ」と、自分に対する自信を一気になくしてしまうのです。

 

また、このように才能や能力を強調して子どもをほめてしまうと、子どもは努力することを嫌うようにもなってしまいます。特に小学生のうちは、要領のよい子であれば、そんなに勉強しなくてもテストで高得点をとれたり、いい成績を収められたりすることも。そうなると、努力せずによい成績をとれることが才能や能力のある人間である証(あかし)だと勘違いしてしまいがち。そして、努力することを怠るようになったり、もっと悪いことには、努力が必要な物事や新たな挑戦を避けるようになったりしかねません。

 

この点に関しては、スタンフォード大学のC・S・ドゥエック教授による学術研究で興味深い結果が出ています。才能や知能を偏重し、本来備わっている能力が生まれ持って固定されたものだと信じている人は、失敗に弱いばかりか、挑戦を恐れるようになり、新たな物事を学ぶ意欲が薄いというのです。

 

 

努力こそ、成功の秘訣だと教えましょう!

62-3

 

では、お子さんの成長をうながすためには、どのように声かけをするのがよいのでしょうか。
前述した内容からいえるのは、才能や知能、能力ではなく努力をほめるべきだということです。テストでいい点をとったときには、「あなたは本当に頭がいいわね」ではなく、「あなたは本当によくがんばっているわね」と、「努力したこと」をほめるようにしましょう。

 

反対に、テストでよくない成績だったときには「次はもっとがんばろう」と、努力を応援する言葉を。「あなたは数学が苦手なのね」「あなたは賢いんだから次は大丈夫よ」などと、才能や知能に言及するような声がけはNGです。

 

このように、努力こそが成功の秘訣だと伝えることで、お子さんの思考は前向きになり、成長意欲は強くなります。たとえ何かひとつ失敗しても、「わたしは能力がないからだめなんだ」とあきらめることなく、「もっと努力すればできるようになる」「どうすればできるようになるだろう」と、失敗を成長のチャンスに変えていけるはずです。

 

いかがでしたか。
中学校に入って勉強でつまずくのはよくあること。重要なのは、「そのときどういった対処をするか」です。
挫折は成長のための最大のチャンス。
お子さんがよい方向に伸びるように、保護者の方が上手に導いてあげてくださいね。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

読まれている記事ランキング

マスクをした女子中学生トリオ

高校受験のインフルエンザ対策!予防接種はいつ受けるのがベスト?

高校受験では勉強や生活面でさまざまな対策を行いますが、何より気をつけたいのが体調管理です。高校受験シーズンは、気温も湿度も下がって風邪をひきやすい時期。...

  • 中学生
授業を聞く女子中学生

大阪府公立高トップ10校の「文理学科」合格に必要な力とは

大阪府立高校の文理学科がスタートした2011年度。2019年の入試からは、大阪府公立高校の中でも大学進学実績の高いトップ10校のうち、すでに文理学科のみ...

  • 中学生
女性教師と女子中学生たち

大阪府の入試が変わる!内申の評価方法、評価対象学年の変更とは?

2016年以降の大阪府公立高校入試制度が大きく変わりました。なかでも、重要な変更点といえるのが、内申に関すること。評価方法や記載内容が変わり、評価対象学...

  • 中学生
授業を聞く生徒

2017年度、大阪府公立高校入試はここが変わる!

毎年少しずつ変わる、大阪府の高校入試制度。もちろん、2017年度(平成29年度)の大阪府公立入試制度にも変化があります。今回は、2017年度の大阪府公立高校入試...

  • 中学生
37-1(メインビジュアル)

2022年、高校の授業に新科目導入。「歴史総合」とは?

高校の歴史教育が、大きな転換の時期を迎えようとしています。 文部科学省は、2022年を目標に、「歴史総合」という新科目を必修科目として導入すると決...

  • 中学生

第一ゼミのコース

  • 2月1ヵ月無料
  • 新中1準備講座
  • 学年末テスト<br />得点アップ講座
  • 中学教科書改訂<br />オンラインセミナー
  • ことばのチカラ<br />オンラインセミナー
  • イード受賞
  • 富田林中学校<br />適性検査分析報告会
  • ハイスクール<br />サポートコース
  • Positive<br />Learning

第一ゼミの注目イベント

成績向上・志望校合格のキッカケになる!
お子さまに合わせた学習アドバイス実施中☆

第一ゼミナール 写真
生徒第一!第一ゼミナールは一人ひとりの生徒に寄り添い、成績向上・第一志望校合格を45年にわたり実現してきました。お子さまに合わせたやる気の出させ方・学習法、地域の教育情報、最新受験情報など、教育のプロによる無料学習相談を実施中です。

お問い合わせ専用 受付時間 10:00~19:00

0120-949-189

お近くの教室を探す
学年からコースを探す